2007年04月30日

マイミクが100人になった。

070419_1638~03.jpg

いつからやっているか忘れてしまったけれどマイミクが100人になった。
基本的には面識のない人はマイミクしていないので、これだけたくさんの人に出会ったということですね。
縁と、そして大勢の人たちに助けられているんだなあということをしみじみと感じます。

それにしても、もしふつうの会社員とかだったら、これだけは増えないと思うの。
なぜなら、商談とかしていて「ところでミクシーやってます?」とは絶対いえないからです。

でも、ミュージシャンや役者さんとなら、初対面の打ち合わせや仕事でも「ミクシーやってます?」とか気軽に聞ける。
だからこうやって増やしていくことができるのでしょうね。

ふむ、、、違いは何だろう????
まあそれはよいとして、、、

ちなみに、昨日は「秋山桃花、初見演奏で1行抜かしてみなびっくり」事件があった、、、
ものすごくおかしかった、、、
でも、本当におかしいことって、ここには書けないんだよなー
面識のある方は、ぜひ今度会った時
「あの初見演奏の話、きかせて〜」
って言ってください。

写真は、ぜんぜん関係ないけどお台場でやっているノマディック美術館
コンテナを積んだ仮設美術館の中は、ギリシャ神殿みたい(行ったことないけど)。
ちょっとお高めだけど、異次元って感じでおもしろかったです。



posted by ミュージカル at 12:29| ミュージカル | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年04月28日

エイベックスアーティストアカデミー クリエイターコース開始

aaa.JPG

エイベックス・アーティスト・アカデミーのクリエイターコースが始まりました。
DTM、理論、実技などのあるコースで私はキーボードの実技を担当しています。

私が関わっているのは開校時からなのでもう6年目になりますが(え〜本当?自分で書いてびっくりである)、このクラスが普通のピアノレッスンと違うところは、「生徒は演奏家やプレイヤーになりたいわけではない」ということです。

私が思うに、クリエイターコースの受講生に必要なことは、3つ。

1)作曲するとき自分のイメージを確認にするための補助的道具としてキーボードを使いこなせるようになること

2)キーボードでの打ち込みのスピードとクオリティをあげること

3)そのためにはイメージを瞬時に指先に伝えて表現できるように、(五指の)運動神経をきたえること(まあ実際には「瞬時」ではなく30秒とか3分とか、人によっては一時間とか?かかるのだが)

この3つにフォーカスすることで、全くの初心者でも、コード譜を見て弾いたり、自分の曲をつたないながらもピアノで弾いて表現したりということが、あっと言う間にできるようになります。

あ、そして4つめがありました。
「歌心」です!
弾くときはいつも「メロディーを頭の中でも口に出してでもいいから、歌っててね」といいます。
「音」はただの音じゃないんです。
すべての「音」は感情であり、イメージであり、もうひとつ行くと魂の叫びなのです。
「C(ドミソね)」というコードを弾くとき、そこには常に何らかの感情があるのです。
それは、楽器でも歌でも同じこと。
それを「感じる」ことが、ミュージシャンへの第一歩だと私は思います。

初回、みんながんばって24種類のコードが弾けるようになりました。
偉いぞ!
その調子だ!
posted by ミュージカル at 23:42| エイベックス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年04月25日

生卵を投げる美女

38.jpg
4月16日のブログで書いたおおばせいこさんのライフワークである「シアターライブ千夜一夜」の次回公演が決まりました。
あっという間に9回目となったこの公演、秋山は今回も、企画のお手伝い&演奏をします。

■日時:2007年6月27日水曜 18:00開場 19:00開演予定

■会場:南青山MANDALA

■料金:¥3600円(with1ドリンク)

■交通:地下鉄外苑前駅1a出口徒歩4分

チケット申し込み

■出演:おおばせいこ
    浜野基永(ギター)/秋山桃花(ピアノ)/小澤健一(ベース)
    三橋隆幸(キーボード) 渡辺純也(パーカッション)

オープニングアクト:トリニティ 
たむら茉莉(ピアノ)たむら莉紗(ヴィオラ)たむら茉麻(ヴァイオリン) 

■千夜一夜サイト:http://blog.livedoor.jp/senya_ichiya/


ちなみに、このおおばせいこさんという人は、写真のとおり、とてもきれいな人なんですが、私とこんなに長く付き合っていることからもわかるように、とっても面白い(おかしい?)人なんです。

先日、小さなことだけど何か頭にくることがあったということを話していたときも
「生卵が投げたくなった!」
と、、、
私がウケていると
「私の場合、ピストルで撃つ!とか、ナイフで刺す!とかじゃなくて、生卵がしっくりくるのよね〜」
と。

「すべての武器を楽器に」という標語はよく聞くが
「すべての武器を生卵に」のほうがもっとインパクトあるかも。

「戦争だ!卵を集めろ!」
「隊長、もう卵が30個しかありません!」
「日本中から鶏を集めろ!」
こうして徴鶏制が発布された。

ひよこたち
「父ちゃん母ちゃん、行っちゃうんだね。ぴー。」
みたいな。

朝からくだらないこと書いてないで仕事しようっと。


posted by ミュージカル at 09:06| レギュラー公演 千夜一夜 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年04月21日

即興歌とピアノのショー

kibunyapiano~01.jpg
フリークルーズ主宰の鈴木一成さんと、再度公演をすることになりました。
即興のお芝居、歌、ピアノをやるということだけ決まっていますが、ほかは特に決まっていません。
当日まで決めないかも、というぐらいゆるくかつ実験的なショーです。

「即興音楽」というと、私たちのショーに来たことがない人は「前衛的な、難しい音楽」とかジャズのようなものを想像される方が多いのですが、今回もふくめて私がやっているものはとってもポップ。
まさにふだん作曲しているJポップやクラシック曲を、お客様からタイトルを頂いてその場で作ってしまうという感じです。

でも最近思うのは、その作品が10年かけてできあがったものであっても、その場でできあがった即興的なものであっても、お客様にとっては、「おもしろいかおもしろくないか」ただそれだけだなということです。
というわけで今回も楽しいショーにしたいと思います。

場所は西荻窪の奇聞屋という小さいライブハウスですが、写真のようなグランドピアノがあります。

posted by ミュージカル at 21:45| 即興ミュージカル:ひとりでエブリシング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年04月20日

教育テレビにインプロが登場

NHK教育テレビで5月にスタートする新番組「シャキーン!」にインプロが登場します。

学校に行く前の子ども達の頭と体を「シャキーンとさせる」この番組は、 インプロをはじめ様々な楽しい仕掛けがあって、大人にも楽しめるエンタテイメント番組になっています。

私は出演しませんが、インプロジャパン(役員をやってます)が監修し、NeXT IMPRO THEATREでいつも共演している役者さんたちが出演します。
放映日時はNHK教育テレビ5/14(月)〜5/18(金)朝7:00〜7:15です。

みんな起きれるかなー?

2007年04月17日

「ゆめかうつつのものがたり」5曲完成

「エコノミークラスが嫌いだから海外に行かない」と書いたら、知り合いに「でもお前は以前さんざん海外に行っていたじゃないか」と言われた。
確かにいわれてみればその通りで、、、ニューヨークは何回も行ったし、ヨーロッパもいろんな国に行ったし、アジアのリゾートもいろいろ行った、、、
ということは、もしかしたら、最近海外に行かないのは「もう行きたいところはひとしきり行ったから」というのが理由なのか?
うーん、それプラス「ビジネスクラスの味を知ってしまったから」が理由なのかなー

まあそれはいいとして、
海外業務は皆に任せた私は、5月の朗読公演の曲をさらさらっと5曲作りました。
半分ぐらいは演出の岡崎さんとの打ち合わせのときできちゃったので、あとはまとめて譜面を作るぐらいのサラサラ仕事でした。

やっぱり私は公演出たりツアー行ったりするより、「創る」作業が好きなんだなーと改めて思いました。(もちろん「創った」結果として公演もやるけど)

公演は5月31日&6月1日「ゆめかうつつのものがたり」
詳しくはこちら
聴きにきてね。



posted by ミュージカル at 23:57| ゆめかうつつのものがたり(終了) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年04月16日

最近グローバルなのだ(2)トルコ編 

60.jpg

数年前からシアターライブ(ストーリー性のある音楽ライブ)「千夜一夜」の公演を歌手のおおばせいこさんとやっているのですが、このライブがきっかけとなって、千夜一夜物語のお膝元である(?)トルコでおおばせいこさんがデビューすることになりました。
レコーディングやPV撮りはすでに昨年終わり、今年はプロモーションに再訪問します。

トルコ語のページ↓
http://seikoohba.com/seiko_t/

長い付き合いなので、通訳(英語ね)も兼ねて同行するという話もあったのですが、結局行かないことになりました。

なぜなら、

飛 行 機 が き ら い だ か ら!

というか正確には

エ コ ノ ミ ー ク ラ ス が き ら い だ か ら!

なぜあんなに狭い!?
人間が十何時間も過ごす場所とは思えない!

そしてそう思った私は一度大枚をはたいてビジネスクラスに乗ったことがある。

超超超 快 適 だ っ た!

もう、一度ビジネスに乗ってしまったらエコノミーなんて乗れませんことよ。
しかし、ビジネスクラスは高い→頻繁には乗れない→海外にあまり行かないということになってしまったのでした。

まあ、今回トルコに行かなかったのは、ほかに日本で仕事があったからというのもあるのですがね。

携帯電話とか自動車とかはもう新製品はいらないから、メーカーの人は、その労力を「どこでもドア」の開発に向けてほしいと思います。
posted by ミュージカル at 20:31| レギュラー公演 千夜一夜 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年04月15日

最近グローバルなのだ(1) 

2007splash.jpg

最近グローバルなのだ、その1。
10年以上一緒にやっているNeXT IMPRO THEATREのメンバーが、来週シカゴのインプロフェスティバルに出演のため渡米します。
http://www.chicagoimprovfestival.org/web/esub/nextimprotheatre.php

このメンバーたちは以前にもニューヨークをはじめ全米各地で公演をしています。
でも、私はあまり行かない。

なぜなら、

飛 行 機 が き ら い だ か ら!

というか正確には

エ コ ノ ミ ー ク ラ ス が き ら い だ か ら!

なぜあんなに狭い!?
人間が十何時間も過ごす場所とは思えない!

そしてそう思った私は一度大枚をはたいてビジネスクラスに乗ったことがある。

超超超 快 適 だ っ た!

もう、一度ビジネスに乗ってしまったらエコノミーなんて乗れませんことよ。
しかし、ビジネスクラスは高い→頻繁には乗れない→海外にあまり行かない
ということになってしまったのでした。

まあ、今回シカゴに行かなかったのは、ほかに日本で仕事があったからというのもあるのですがね。

携帯電話とか自動車とかはもう新製品はいらないから、メーカーの人は、その労力を「どこでもドア」の開発に向けてほしいと思います。


2007年04月14日

韓国語を勉強している理由

kanata.jpg
いま、週に1回韓国語を勉強しています。
「どうして?」と必ず聞かれる。
韓国ドラマにも韓国スターにも特に興味はないし、韓国にいきたいわけでもないのです、
理由はただひとつ、
「簡単そうだから。」

以前にエイベックスアーティストアカデミーで韓国人のアーティストの方にピアノを教えていたことがあるのですが、彼女があっという間に日本語をマスターしたのにびっくりしたのです。
そして(そんなに似ていて簡単なのなら私もやるぞ!)
と思い、勉強をはじめたら、案の定、簡単!
あっという間に
「私は昨日渋谷で映画を見ました。おもしろかったです」ぐらい言えるようになりました。
文字もかわいくてはまっています!
(写真は私が使っているテキスト。)
posted by ミュージカル at 19:05| ミュージカル | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年04月13日

I got Mermanへの道は意外と近かった

merman.JPG
私が昔から憧れ、越えたいと思っている作品は宮本亜門さんの「アイガットマーマン」です。

初演を見た頃の私は上手(かみて)も下手(しもて)もわからないフツーの観客でしたが、数年前、マーマン役のニューキャスト高谷あゆみさんと共演(私は演奏ね)させていただいたのを皮切りに、同じくマーマンとして出演された花山佳子さんや福麻むつ美さんともお仕事をさせていただき、皆さんのすばらしい歌声を間近に聞くという贅沢な機会にも恵まれました。

と思ったら五月の朗読公演「ゆめかうつつの物語」でご一緒する松本好永さんは、I got Memanのピアニスト役だったことが最近判明!

十年以上前に初演をみたときは、まさか私がここまで舞台音楽をやるようになるとは予想だにしていませんでした。
人生って不思議だ。
そして強く願っていることは必ずかなうんだと思いました。
あとはI got Mermanを超える作品を作るだけだなっ!
posted by ミュージカル at 18:36| ミュージカル | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年04月12日

ゆめかうつつの物語

5月31日・6月1日の公演「ゆめかうつつの物語」。
演出の岡崎さんと打ち合わせしながら、その場で何曲かできあがりました。
私の場合、最初の打ち合わせのときに曲の骨格ができてしまう場合はとても多いです。
一番最初が一番イメージが広がるのでしょうね。
あとは譜面を書くだけ。
その譜面も、シベリウスをマスターしたから楽勝なのだ。
posted by ミュージカル at 09:08| ゆめかうつつのものがたり(終了) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。