2007年06月30日

あなたのファミレス最長逗留時間は?

070621_1859~01.jpg

みなさんのファミレス最長逗留時間は?
私は長時間が予想される打ち合わせは、必ずドリンクバーのあるファミレスです。

先日もFool On The Boatの音楽部の打ち合わせをファミレスで4時間いたしました。
終わったとき全員へろへろですごいおかしかった。

ちなみに私の最長記録は12時間を超えてほぼ1日な気がする。
以前にインプロジャパンの池上奈生美と『インプロシンキング』(ダイヤモンド社)を書いていたとき、最終チェックで、こもった、、、忘れもしない、神田のジョナサンだった、、、
朝ごはん食べて、お昼ご飯食べて、おやつ食べて、晩御飯たべて、夜食食べた。
バイトの人たちも、どんどん新しいシフトの人に交代していくから、まさか私たちが朝からいるとは思わない。
つかれると散歩に行ったりしてた。
マンキツにすんでいる人って、きくけど、ファミレスに住んでいる人っていないのかなー?

写真は、Fool On The Boatの打ち合わせ中、ラップの譜面を書く、音楽監修の川越氏。
へろへろになりかけていた秋山は、とってもいっぱい16符音符を書いている様子がおかしくておかしくて笑いが止まりませんでした。


2007年06月29日

Impro Boston is coming to Tokyo!

来週1週間にわたって第2回東京インプロフェスティバルが開催されます。
ショーの目玉のひとつは、6日(金)のインターナショナルナイト。
アメリカ・ボストンから「ImprovBoston」がやって来ます。
25年にわたって、全米各地で、常に刷新的なアプローチで、数千ものインプロのショーを提供しているチーム「ImprovBoston」。

公演日:7月6日(金)19:00
詳細は東京インプロフェスティバル

そして、ワークショップの開催も決定いたしました。
アメリカのインプロに生で触れるチャンスです。この機会に、どうぞふるってご参加ください!
日時:
(1)平成19年7月5日(木)13:00〜16:00
(2)平成19年7月7日(土) 9:30〜12:30
詳細はインプロジャパンのワークショップのページをご覧ください!
写真はインプロボストンからやってくる3人のインプロヴァイザーです。
dave_sawyer.gif 
robert_woo.gif 
manny_hernandez.gif

2007年06月28日

笹の葉を手にした美女

昨日のシアターライブ千夜一夜にお越しくださった皆様、ありがとうございます!
遠距離恋愛をするカップルの恋の行く末を織姫と彦星になぞらえたストーリーはいかがでしたか?

写真はリハ中。短冊の下がった笹の葉を手に、物語を語るおおばせいこさん。

SA360035001.jpg

今回もあいかわらず美しかったです。

そして秋山桃花は来週の東京インプロフェスティバルへ、、、
今回は、アメリカからインプロボストンも参加します。
明日はそのことについて書きます。

posted by ミュージカル at 03:33| レギュラー公演 千夜一夜 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年06月27日

シアターライブ千夜一夜は今夜!

5298e327-s.jpg
いよいよ本日シアターライブ千夜一夜第9話公演です。
当日券のご用意が若干ございますので、ご希望の方は南青山曼荼羅に直接ご連絡ください。
電話番号は03-5474-0411です。

写真は本日歌い、語り、踊るおおばせいこさんです。
ちなみに私はいつもどおりピアノを弾いてます。
posted by ミュージカル at 03:33| ミュージカル | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年06月26日

FM横浜「カレイドスコープ」

fm.jpg

明日のシアターライブ千夜一夜では、おおばせいこさんが歌の合間に物語を語るのですが、実は彼女は毎週木曜日FM横浜でオリジナル物語を語っています。
FM横浜のサイト
私は、電波が入らず生で聞いたことは一度もない。。。
でもよくオンエアの録音を聞かせてもらっています。
神奈川方面にお住まいの方は、独特の暖かな声と、番組のタイトルどおり万華鏡のように変化するさまざまな物語をぜひ聞いてみてくださいね。

ライブはあしたでーす。
曼荼羅は、モニター(=自分の演奏している音)がとてもよく聞こえるので、演奏していてとても楽しい。
楽しみです。

posted by ミュージカル at 03:33| ミュージカル | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年06月25日

ライブだけど台本がある

seiko.JPG
あさってのシアターライブ千夜一夜は、ライブだけど台本があります。
数年前、
「ふつうのライブじゃない、ストーリーのあるライブがやりたい!」
という思いから、おおばせいこさんと一緒にスタートさせました。

最初のころは一緒に台本作ってたりしていたけど、最近では私はアイディアを出すぐらいで、おおばさんが全部自分で書いています。

しかし気をつけないといけない。
なぜなら、先日修正稿を見せてもらったら、私に台詞があったからです。

全国の脚本家、演出家のみなさま。
秋山桃花は、演技は素人ですから、台詞を言わせようとか絶対思わないでください。

というわけでその部分の台本はソッコーで直しちゃいました。

写真は、トルコで発売中のおおばせいこさんのCD。
デュエットをしているブラック・アジズさんもとってもかっこいいです!
ネットでサンプルが聞けます。
エスニックなサウンドをお楽しみください!
ブラック・アジズさんは私はまだお会いしたことがないけれど、あまーい声ですてきだわー
http://www.tulumba.com/storeitem.asp?ic=MU900627GJ032

そして秋山桃花も出演するあさっての千夜一夜@南青山曼荼羅のチケットは下記からどうぞぴかぴか(新しい)
http://formmail.jp/00042700/
posted by ミュージカル at 03:33| レギュラー公演 千夜一夜 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年06月24日

楽譜を書きまくっている

070623_2211~01.jpg
7月のミュージカルfool on the boatと来週のシアターライブ千夜一夜のために楽譜を書きまくっています。
譜面ソフトもあるけど、現場で鉛筆と消しゴムで書き直すことも多いので手で書いてます。
ちなみに私は曲を作るのも早いが、譜面を書くのも速い。
しかしいくら速いといっても、大変ではあります。

でも譜面を書くということは、誰かに伝えるためなのです。
つまり譜面を書くということは、誰かが私の音楽を歌ったり、アレンジしてくれるという、すばらしいことのためなのです。
だから今日もがんばる。

ちなみに、いつもこのブログを読んでくれている人は投稿日時がいつも朝7時台とかなので、
「モモちゃんはいつも早起きなんだねー」
と感心してくれます。

うそです。
投稿日時は適当にいじってます。
その証拠に今日は朝の3時にしてみる。



posted by ミュージカル at 03:33| オリジナルミュージカル:順風満帆 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年06月23日

天使の前歯が抜けた

j0385814.jpg
(写真はイメージです。)

イラストレーターの仲田天使さんとあるウェブサイトの打ち合わせをしていたら、
彼が突然口を押さえました。
「あっ」

「どうしたの?」

すると彼は前歯を取り出した、、、

「いま仮歯なんですよ。今日あたりとれちゃう気がしたんだよなー」

見事な歯でした。

そして彼は
「大丈夫。抜ける気がしたから、ちゃんと持ってきたから」
とマスクをとりだし、
何事も無かったかのように打ち合わせは再開したのでした。

ちなみに彼は
ソングバンク
とか
メロディバンク
とか
おおばせいこさんのサイト
とか私の知り合いのサイトもたくさんデザインしてくれています。

あっ来週はもうおおばせいこさんのシアターライブ千夜一夜の公演だ。
水曜日、27日です。
チケットをまだお求めでない方は下記からどうぞ!
http://formmail.jp/00042700/



posted by ミュージカル at 07:12| ミュージカル | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年06月22日

続・笑いの追求:左脳も大切!

070621_1719~01.jpg
昨日の続き。
もうひとり私が(この人はおもしろいなー)と思うのはDKハリウッドを主催している越川大介さんです。
数年前に越川さん作・演出のミュージカルで音楽をやらせていただき、稽古を通じて私は
「笑いにはセオリーがある」
ということを学びました。

そう、秋山はとても直感型の人間ですが、理論も大切だなーと最近あらためて思っています。
いまやっているミュージカルFool On The Boatの曲作りの過程でも、
「作り始める前に、まず分析する」
ということを学習いたしました。
本当にすごい人は右脳と左脳両方もっている気がする。

さてDKハリウッドの次の公演は7月の頭にあります。
笑いたい方はぜひ行ってみてね。
http://www.dkhollywood.com/waru/


あっでもまず東京インプロフェスティバルにきてね。

写真中央はFool On The Boatのセットイメージの船です。
ついていないおバカな三兄弟が船で旅をするお話なのです。


posted by ミュージカル at 08:24| ミュージカル | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年06月21日

笑いの追求:今日は動画付きだ!

昨日の続き。

というわけで私はミュージシャンのくせに、笑いを意外と追求します。
今日は、そんな私がすごいと思う人たちを二人紹介したいと思います。

ひとりはインプロを一緒にやっている入岡雅人(イリさん)です。
NHK教育テレビのシャキーンでインプロをやっている中で一番大きい人です。
NeXT IMPRO THEATREにも出演しています。
彼はクラウンでもあるので、表情や体の動きの表現や発想などが優れているのですが、私が一番すごいと思うのは、彼は「ふだんも面白い」ということなのです。
私の感覚では、芸人さんとか舞台の上で面白い人って、稽古場や、普段話をしているとまじめな人が多い気がするんだけど、イリさんは違います。
彼は人生がクラウンなの。
そして私がお願いしたことは何でもやってくれます。
先日も稽古場に長いビニールパイプがあったので、
「これでファンファーレやってー」
と言ったらやってくれました。

リクエストに応じて、まじめな顔をして練習し始めるイリ。









そしてついにファンファーレが完成した。







長くなっっちゃたので、もうひとりのすごい人は、あした紹介したいと思います。

posted by ミュージカル at 07:35| ミュージカル | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年06月20日

発掘その1:秋山桃花の「お笑いネタ帳」

070620_0811~01.jpg
片づけをしていたら昔書いていた「お笑いネタ帳」がでてきた。
なぜミュージシャンなのにそんなものがあるかというと、
おとといも書いた、東京コメディストアというのにミュージシャンとして出ていたころのこと。
そこには、清水宏さんとかぜんじろうさんとか面白い人がたくさん出ていて、
楽屋(ひとつしかなかった)とかで見ていると、みんな文字がぎっしり書き込まれたネタ帳を開いて書いたり読んだりしている。
楽しいことが大好きな私は、
(どんなおもしろいことが書かれているんだろう!)
と、その中身が気になって気になってしかたがなかった。

しかし見せてもらうわけにも行かず、
(じゃあ自分で作って、自分で読んで笑おう)
と思って書き始めたんだった気がする。

いくつか紹介。
☆コンピュータ教室で
インストラクター:「(画面を指差して)ここをクリックしてください」
受講生:やおらマウスを持ち上げて画面の指差された部分に直接あてがう。

☆旅先でカップルの会話
男:「お腹がイタイ」
女:「お腹で「の」の字を書くといいよ」
男:やおら腹部をまわして「の」の字を書き始める
わかっていると思いますが、のの字を書くのは、手のほうです。

ちなみにネタ帳、今は書いてません。
でも最近もおかしいこといっぱいある。
最近一番笑った話は、
ある女優さんが、とても久々に飛行機に乗るので緊張していて、
手荷物預かりのカウンターで、
「ここがボディチェックをするところね!」
となぜか思い込み
荷物を置くへっこんだところに乗っちゃった!
というお話でした。

ネタ帳、また復活させようかなー
posted by ミュージカル at 07:31| ミュージカル | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年06月19日

絶対音感テスト

昨日絶対音感のことを書いたら、知り合いがこのサイトを教えてくれました↓
http://zettaionkan.jp/tools/pptest.html
やってみたら、1問間違えた。
問題数が多くて、いやになっていたことが原因と思われる。

☆近々ある公演情報☆
シアターライブ千夜一夜
東京インプロフェスティバル
posted by ミュージカル at 08:20| ミュージカル | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年06月18日

絶対音感があると安らがない

私は絶対音感があります。
いろいろと便利。

・思いついたものをさらさらっと譜面に書ける。
・いちいち譜面を買わなくても、一度きいたものは弾ける。
・耳コピばっちり。
・キーや曲の構造を瞬時に把握できる。
・クラスやバンドリハのとき、人が違うコードを弾いていると「3小節めにxxのコードを弾いたね?でもここは△△のコードじゃない?」と指摘できる(やな女)
・初見ばっちり。(これは、もしかしたら絶対音感の有無に関係するのではなく、大雑把な性格と関係しているのかもしれないのだが、、、)

しかーし
いやだなーと思うときもある。

・ヨガのクラスとかで、先生はヒーリング音楽をかけているのだが、私には階名やコードで聞こえるから和まない。
・これと同じことなのだが、BGMで流しているはずの音楽のコード進行が耳につく。

ってなことがあります。

そう、なんか仕組みがわかってしまうとつまらなくなることってある。

そういえばマジックもそう、、、
以前東京コメディストアにミュージシャンとして出ていたころ、舞台袖とか、楽屋とかでマジックを死ぬほど見てたんです。
そしたらいろいろネタがわかってしまって、、、、
つまんなーい
夢がなくなっちゃったー

最近お芝居やミュージカルもそんな風になりつつあって少し悲しい。
いつまでも純粋に感動できる人でありたいなー




posted by ミュージカル at 07:43| ミュージカル | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年06月17日

コード講座その2 Asos 押さえられる?

ふたたび6月27日開催のシアターライブ千夜一夜のリハーサルスタジオから。

始まる前、おおばせいこさんと「ゴキブリの効果的な捕獲法」について涙を流して笑いながら話し合っていたら、
ベースの小澤氏の譜面が目に付いた。

070616_1929~02.jpg 070616_1929~01.jpg

でかい!
B4の譜面が4枚張り合わせてあるのでB2サイズである。
確かに、演奏中めくるのは大変だから、これは正しい方法なのであるが、、、

これを見てまたおおばさんと笑い転げていたら、
ギターの浜野さんが、
「オレはまた新しいコードを見つけた」
と言う。
「Aのsosだ」
あーんくやしい!!!!
(再びミュージシャンネタですみません、、、前回のお話はこちら

本番は6月27日、南青山曼荼羅です。
1年に1回しか会えなかった折姫と彦星は、本当に相手のことだけを思い続けていたのか?運命の相手って?というような物語にからめて、お送りします。
お楽しみに!
ご予約はこちらからどうぞ!


posted by ミュージカル at 08:49| レギュラー公演 千夜一夜 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年06月16日

東京インプロフェスティバル

2007logo.gif
7月に第2回東京インプロフェスティバルが開催されます。
前回は2003年で、EZTVで放映されたり、読売新聞でとりあげられたりとマスコミの注目も浴びてました。
秋山は前回に引き続き、いくつかの公演に即興ミュージシャンで参加いたします。


以下、オフィシャル告知文章をペースト。
****************************************
世界中で多くの人々を魅了している「インプロ」というエンターテインメントを存知ですか?

「インプロ」とは、台本や打ち合わせが全くなく、即興で行われるエンターテインメント。
お客様のアイディアをもとに、その日その瞬間にしか生まれない物語をお楽しみいただきます。

シカゴ、ロンドン、アムステルダム、シアトル、そしてニューヨークなど、世界のあらゆる都市で、毎年のように「インプロフェスティバル」が開催されています。

日本での開催は2003年以来二度目。フェスティバルの中心となるのは、観客のアイディアをその場で舞台化する「インプロ・シアター(即興劇)」です。

連日、さまざまなスタイルのインプロ公演をご覧いただけます。
ぜひ足をお運びください。

-------------------------------------------------------------------
第2回東京インプロフェスティバル
2007年7月3日(火)〜7日(土)
【劇場】新宿プーク人形劇場(03-3379-0234)

【Schedule】
◆7月3日(火)19時開演
 「マエストロ(c)」
  個人対抗戦のインプロバトル。審査員はなんとお客様! 
 
出演:飯野雅彦(imp)、入岡雅人(imp)、大浦さやか(インプロモーティブ)、蔵重智、野間大輔(Xpot)、松本雅子(Xpot)、三上正晃(インプロモーティブ)、吉村竜児、他

◆7月4日(水)19時開演
 「みんぐるみんぐる」
 さまざまなインプログループのリーダーたちの競演。  

出演:飯野雅彦(imp)、今井敦(即興演劇だんすだんすだんす)、
   岡崎ちか子、(だんすだんすだんす)、奥山奈緒美(imp)、
   絹川友梨(インプロ・ワークス)、BOBI(FREECRUZ)
即興ミュージシャン:秋山桃里(imp)

◆7月5日(木)19時開演
 「だんすだんすだんす」公演
 実力派俳優たちの即興劇集団の単独公演。

◆7月6日(金)15時開演
 「TWO COINS SHOW」
 インプロジャパン、ワークショップメンバーズによる公演。

◆7月6日(金)19時開演
 「INTERNATIONAL NIGHT」  
様々な国のパフォーマーによる英語のインプロショー。

◆7月7日(土)15時開演
 「imp」公演
  国内外で人気の高い4人組impの単独公演。
  即興ミュージカルをロングヴァージョンでお楽しみいただけます。

◆7月7日(土)19時開演
 「NeXT IMPRO THEATRE」
  毎月開催されている様々なスタイルのインプロショー。

----------------------------------------------------
チケット料金:各公演 前売 2500円 当日 2800円
(7/6 TOW COINS SHOW のみ1000円)

● 全公演通し券(前売のみ)12000円
● 3公演券(前売のみ)6500円

★公演に関するお問い合わせ:
株式会社インプロジャパン
03-3291-1626 または、info@improjapan.co.jp

★チケット申込:ticket@impro.jp

★フェスティバルHP:www.tokyoimpro.jp 

2007年06月15日

手帳公開:がんばるとシールがもらえる

070614_1130~01.jpg

私の手帳です。
がんばると
「よくできました」がもらえます(自分で書いている)

特にがんばった日は
「たいへんよくできました」がもらえます(自分で書いている)

ものすごくよくがんばった日は、
シールも貼ってもらえます(自分で貼っている)

褒められて伸びるタイプです。
posted by ミュージカル at 07:46| ミュージカル | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年06月14日

永遠の名曲になるには?

エイベックスアーティストアカデミーのキーボード実技のクラスでは、
コード譜を見てキーボードが弾けるようになる!
というのがひとつの目標なので、ひとりひとりに自分の好きな曲を選んでもらってコード譜で演奏する練習をしているのですが、

みんな20才前後なのに、意外と古い曲を選ぶ!

いとしのエリー
とか
コスモス(山口百恵さんの)
とか
サボテンの花
とか、、、

もちろんどれも名曲ですが、キミたち生まれてないでしょう?って感じなんだけど。

つまりこういう曲はスタンダード曲入りしているということなのでしょうね。
いつまでも残るメロディー、たくさん書きたいものです!
posted by ミュージカル at 09:25| エイベックス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年06月13日

秘密サイトでファイル交換

引き続きミュージカルFool On The Boatの曲を書いています。
曲ができると秘密サイトにアップして、
関係者に「聞いてね!」とメール。
関係者は自宅PCから秘密サイトにアクセスしてコメント。
というとってもITを駆使した仕組みで曲をシェアして時間を一気に短縮しております。
以前やったミュージカルで演出の方がパソコンをもっていなくていちいちCDを送りに郵便局に行って、さらに返事がくるまで2日待たなければいけないということもあったのを思えば、隔世の感がありますな!
そしてそれによってできた時間を利用してこのようにブログをちゃんと毎日書いているのであります。

↓こちらが秘密サイトの写真↓
070613_0747~01.jpg

posted by ミュージカル at 08:07| オリジナルミュージカル:順風満帆 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年06月12日

ミュージカルのセオリーを教わる

7/26〜29のミュージカルFools On The Boatの打ち合わせをしました。

ミュージカルのセオリーをいっぱい教わった!
男性と女性のメロディの違いとか、
感情によるキーの違いとか、
全体的なバランスのとりかたとか
譜割りのしかたとか、、、、
いい作品になりそうです!
posted by ミュージカル at 08:39| オリジナルミュージカル:順風満帆 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年06月11日

A♭765というコード押さえられる?

6月27日に南青山曼荼羅で行うシアターライブ千夜一夜第9話のバンドリハがありました。
070610_2138~02.jpg

毎回、コード譜だけをもらって自分たちでアレンジを考えるような方法なので、まずはリハの前に自宅で譜面を見る。
すると、A♭765という新しいコードを発見!
(ミュージシャンじゃない人にはわからない話題でごめん、、、)
070610_2357~01.jpg

さっそく、楽しいことが大好きなギターの浜野さんに
「”A♭765”というコードがあった!」
とメールすると

「”C was 7”という過去を振り返ってしまったようなコードもあるぞ!」

というメールが返ってきた。
さがしたら本当にあった!
070610_2358~01.jpg

手書きの譜面は、書くのも大変、読むのも大変だ!
posted by ミュージカル at 08:34| ミュージカル | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。