2008年03月31日

変なトイレふたつ

最近入った変なトイレ

その1.

TS3B0632.JPG

張り紙を作る手間をかけるなら、付け直せばいいと思いました。
でも私は掛けちゃった。
パーテーションごとこちらに倒れてきたりしたら、ミスタービーンみたいで面白かったなー



その2.

TS3B0640.JPG

どんなに素敵な内装かしらと思ってドアを開けると

TS3B0641.JPG

がっかり、、、、
新幹線のトイレってこんなんだったかな?
しかも流すとき、四方から一気に水が流れ出てきてびっくりした。

今週もがんばりましょー☆(トイレでスタートかい、、、)
posted by ミュージカル at 03:33| ミュージカル | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年03月30日

その音は「ラレミ」じゃなく感情であるべきなのだ

昨日の続き。

で、私は音は「ラレミ」と聞こえるし、弾くときも「ラレミ」と弾きがちである。

しかし、「ラレミ」と弾いてはいけないのである。

音は、常に感情や事象の表現なので、
「ラレミ」の後ろには
「どうにもやりきれない悲しさ」
があるかもしれないし
「あれー今日は何日だっけ?」
というとまどいの気持ちがあるかもしれないし
「サクラきれいだなー」
という美を愛でる気持ちがあるかもしれない。

自分の弾いている音を「ラレミ」と認識した瞬間、
それらの感情が薄れてしまう気がする。

たぶん、それは役者の人が
「サクラ」
とただ言葉を発するのでは台詞にはならなく、
その言葉の裏にある感情を伝えなければならないというのと同じで、

「ラレミ」も
「サクラ」も
ただの音や言葉になったら、感情は伝えられないのだなーと思う。

ぼーっとしていると「ラレミ」と聞こえてしまうので、
意識して、「音」や「感情」として聞くようにしようと思います。

そう。ついでにもうひとつ言うと、だから前にも書いたことあるとおもうけど、
絶対音感はただの技術のひとつであり、ないほうが、音楽的になれるということもあるとおもうのであった。

そして知り合いのブログを見ていてすごいものを発見した!!!!
絶対見て!!!
ネコの連弾です。



このネコのすごいところは、ただ弾いているのではなく、
連弾相手の音を聞いたり様子を見て、ちゃんと掛け合いになっているところ。

私がやっている即興ライブではほぼ毎回
「ピアノを弾けないお客様と連弾」
というコーナーをやっているが、
この子とやりたい!
私だったらもっと上手に連弾できるのに!!!
しかしこの子はニュージャージーにいるらしい。
招聘するか????
それともうちに通ってくるノラ猫ミミガーを育成するか????

この子はNora the piano catといってHPもある。
調律師(これもネコ)を呼んでピアノの中を調べてもらう映像や、
オケ付きのミュージックビデオも見られます。

で、私が人間とやる連弾は4月12日(土)です。
詳細はこちら
ご予約はこちら
posted by ミュージカル at 03:33| ミュージカル | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年03月29日

その音は「グズズ」じゃなくて「ラレミ」だよ

TS3B0650.JPG

昨日はNeXT IMPRO THEATREでした。
ご来場下さったお客様、ありがとうございました!

さて、昨日本番前に、役者さんたちが登場シーンを練習していたときのこと。
照明さんと演出家の間でこんな会話が、、、
演出家「M1の、登場の曲をかけてもらえますか?」
音響さん「はい」
演出家「ワンエイトきいたところでさっきの明かりをいれてください」
照明さん「はい。グズズグズズ のところですね?」

え?グズズグズズ??

この部分はベース一本で「ラレミラレミ」ってやっているところ。

私は絶対音感があるので、「ラレミラレミ」にしか聞こえないが、そうかー彼には「グズズグズズ」って聞こえるんだ!!!
ということは人によっては、
「ベベベベベベ」
と聞こえているかもしれないし
「どばばどばば」
と聞こえているかもしれないわけだ!!!

斯様に人の耳は異なる捕らえ方をしているということです!!!

はー
大笑いと同時に大発見でした。

でもこの絶対音感つながりでは最近もうひとつ思ったことがあった。
今日はいっぱい書いたから、明日書きます。
(私の中ではこのくらい書くと、「いっぱい書いた」感じらしい、、、)

写真は、昼間に行った、別の稽古場にて。
窓の外にサクラが見えました!




posted by ミュージカル at 03:33| ミュージカル | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年03月28日

舞台装置を開場中に描く

日本画家の千住博さんが言っていたこと。

美を求めることは人間の本能である。なぜなら、美しい場所は安全で生き延びることができるから、美のある場所に人は集まる。


なるほど。
つまり美しいものを作ったり、見たりしたくなることは、生存本能なわけですよ。

というわけで、新国立美術館で

アーティスト・ファイル 2008―現代の作家たち

を見ました(現代アート、かなり好き。)

ベルリンを拠点に活動する竹村京さんの作品で、
壁いっぱいの大きな紙に、お部屋の中の風景をモノクロでスケッチし、その上にオーガンジーの布で刺繍した作品が印象に残った。
(小さいけど、上記のURLのところにも写真があります)

こういうの、舞台にあったらおもしろいな!
しかも、開場してから開演の間に、アーティストの人が書くの。
ピピン!と来た、絵心のある人連絡頂戴ね!



posted by ミュージカル at 09:59| ミュージカル | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年03月27日

ライブの構成どうやって決めてる?

5月のライブの打ち合わせ。
私の場合は「ライブ」と言っても、お芝居仕立ての場合がほとんど。
テーマやストーリーを考え、構成や曲を考えていく作業から始まります。
あーだこーだと話ながら作っていく作業はとても楽しい!
今回は、スタジオでの打ち合わせだったので、曲名やシーンを紙に書いて床にならべていって構成を考えました。
(ビジネスの世界で「見える化」をいう言葉があるらしいが、これも一種の「見える」化なのである)
そしてだいたい決まった。
これはおもしろい!!!!
xxの設定で、xxというキャラクターが、xxな歌を歌います。
詳細は近々。
(ネタばれのため、写真は小さくしております)

TS3B0643.JPG
posted by ミュージカル at 03:33| ミュージカル | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年03月26日

マイクの数は政府が決めていた

大きな舞台とかでワイヤレスマイクを使うとき、使いまわしに苦労しますよね。
あれは「制作費がそもそも足りなくてワイヤレスが3本しか借りられないんじゃ〜!!」と言う理由を除けば、政府によって決められてたって知ってた?

「情報通信審議会」の人たちが、デジタル方式を認めたことによって、いままで20本ぐらいが限界だったのが50本くらいまで使えるようになるんだって。

サンケイのサイト

ブカンのみなさん、よかったですね!

posted by ミュージカル at 03:33| ミュージカル | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年03月25日

4/12ひとりでエブリシングのビデオを見る

4月12日の即興ピアノ&即興ひとり芝居公演にむけて、打ち合わせ&前回のビデオを見る。
「だれもやってないことをやる」の宣言どおり、ビデオで見てもすごかった、、、
クライマックスは、お客様から実際にある映画のタイトルをもらい
それを、徒歩2分のTSUTAYAへ、映像実況しながら借りに行くと言うところ。
「えっ?本当に借りに行くの?」というお客さんのどよめきが心地よかったです。

で、そのあと借りてきたDVDを投影しながら、即興で音楽と台詞をアテレコするというのをやったのだが、
見えてはいけない字幕が投影されてしまっていたのね。
スタッフの人がいろいろやってくれてたんだけど、うまくいかなくて、
そこで秋山桃花は、何を思ったか、急にピアノのところから立ち上がり、小道具のスケッチブックを文字が投影されている部分の壁に貼っていた。

文字は投影されているので、何かを貼っても、その上に投影されるから意味ないんですけど、、、

しかし、あの時は、「なんていいアイディアだろう」と自画自賛していたのであった、、、

そんなおちゃめな(ただのバカである)私が見たい人は、4月12日、恵比寿天窓にいらしてね。

そして、ミミガー情報です。
3日ぶりぐらいに現れました。
しかし、足をひきづってました。
友達が、「どんな様子?」と聞くので、絵を書いて送ってあげました。

TS3B0635.JPG

そしてミミガーは牛乳飲んだら、また出かけていった、、、、ノラネコ強し。


posted by ミュージカル at 03:33| 即興ミュージカル:ひとりでエブリシング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年03月24日

オペラを研究中

ベガーズオペラに触発されたわけではないのだが、
少し前からクラシカルなオペラを研究し直しております。

TS3B0629.JPG

オペラの譜面は、改めて見ると、超おもしろい!!!!!
ただ、問題はよくわからない言語だということです。
いまはカルメンを聞いているけど、フランス語なので、歌詞カードを追いながら聞いていても、メロディを聞いてしまったりしていると、どこだがすぐわからなくなる。
そうすると、
「l'amour」とか「Je T'aime」とか、知ってる言葉が来るまで待つことになります。

TS3B0631.JPG

そういえば、ノラ猫ミミガーは、一晩を共に過ごした後、来なくなってしまった、、、
なぜ?????
釣った魚にはエサをやらないのか?

posted by ミュージカル at 03:33| ミュージカル | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年03月23日

18世紀のロンドンに行ってきた

TS30633.JPG

音楽を担当させていただいている順風満帆の照井裕隆さんが出演しているベガーズオペラ@日生劇場をみてきました。

banner-beg.jpg舞台装置、衣装、ストーリー、役者さんの演技、すべてが作りこまれていて本当に18世紀のロンドンでお芝居を見ているような気持ちになりました。
「乞食の人たちが、一夜限りの舞台を演じている」という重層構造もおもしろかった!
ストーリー等の説明

東宝のサイトで、公開稽古が見られます。曲なんかも聴けます。

写真は、幕間に、ひらめいたメロディをメモったもの。
さらにこの芝居は私にとってかなり印象深かったらしく、その夜、稽古場で森公美子さんの歌の伴奏をしている夢を見る。例によって譜面が途中で切れていて見つからなかったが、どうにか乗り切り、「あとは何回か合わせれば大丈夫でしょ。」の言葉を頂く。
さらにこの後、出演者のベガーたち(beggar=乞食。)が集まって
「モモちゃんは、作曲家の役で出るから、演出を変えてもらわないと、、、」
と打ち合わせをしている。
ここで起こされてしまったー
続き見たかったなー

posted by ミュージカル at 03:33| ミュージカル | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年03月22日

打ち合わせ4本立て

なんかいっぱい打ち合わせをした、、、
だいたいアイディア出しなので右脳を使う、、、
たまに左脳も使う、、、
そんな日は、体より頭が先に疲れてびっくりする。
でも体と同じで、鍛えることでどんどん賢い脳になると思います。

打ち合わせは、場所も大切ですよね。
こちらは新宿のパークタワーの1階にある、chair cafe。
場所はロビーを仕切っただけのところなんだけど、いすが全部違って、全部座りたくなる。

TS3B0620.JPG

あとよく使うのはセルリアンの2階にあるoliとか、

マークシティのle cafe blueとか。
ここは先日も使って、ケーキ食べました(打ち合わせじゃないのか?)

TS3B0627.JPG


posted by ミュージカル at 03:33| ミュージカル | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年03月21日

続・魔法使いの話:ミニチュアダックス軍団

魔法使いと食事した後、魔法によってミニチュアダックスフントに変えられてしまった15人の騎士に出会った。




これ、ねずみとかじゃなくて、ダックスフントの散歩なんだよー。
羊飼いみたいでした。

そしてその夜ピーチ姫のお城では、魔法使いによってネコの姿に変えられてしまったミミガー王子がめでたくピーチ姫と一夜を過ごしました。

TS3B0623.JPG

人間には戻りませんでした。
いつ戻るんだろう。

posted by ミュージカル at 03:33| ミュージカルCATSを探せ!ノラ猫誘致計画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年03月20日

魔法使いと食事した

魔法使いとご飯を食べた。
魔法を見せてもらいました。




その頃、ピーチ姫のお城では、、、、
魔法使いによってネコの姿に変えられてしまった二人の王子、ミニクロとミミガーが、ピーチ姫をめぐって激しい対立をしていた。

TS3B0622.JPG

ミミガー王子、姫の寝室に入れてもらい、一歩リード。
posted by ミュージカル at 03:33| ミュージカルCATSを探せ!ノラ猫誘致計画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年03月19日

代々木でポニーに会えるよ

TS3B0619.JPG

東京に住んでいても知らない人たくさんいると思うけど、代々木にポニー牧場があります。
10匹くらいいるよ。

きのうはポニーちゃんに会ってから、秋の某地方公演(西でございます)の打ち合わせをしました。
オリジナルミュージカルです。
やっぱり作っているときが、一番たのしいなあ!!!
東京でのプレビューーも予定しているので、告知をお楽しみに!

posted by ミュージカル at 03:33| ミュージカル | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年03月18日

どこでもゆびピアノドレミくん

本屋さんで見かけた。
どこでもゆびピアノドレミくん
ほしい!!

キャッチコピーは
「どんな ばしょでも ひけちゃうよ! おともだちと なかよく えんそうかいを ひらこう!」
ひらきたい!!

posted by ミュージカル at 03:33| ミュージカル | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年03月17日

「日本の歌」をお勉強中

某公演にて、日本の歌シリーズをやることになったので、研究中。
北原白秋の詩「砂山」は中山晋平と山田耕筰の両方が曲をつけていることなどを知る。
そして私もつけようかななどと思ったりしている。
公演詳細はまた追って。
すごい人が歌います。

TS3B0608.JPG

下の写真は、すっかりうちの猫となり、くつろぐ野良猫ミミガー。

TS3B0607.JPG
posted by ミュージカル at 03:33| ミュージカルCATSを探せ!ノラ猫誘致計画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年03月16日

孤高の世界

佐々木閑さんという仏教学者の人が新聞にこんなことを書いていた。

*********
人がそうやって(試験を受けて)上へ上へと向上していったさきにあるのは、試験のない孤高の世界だ。どんな領域でも、先端まで行き着けば、もはや評価してくれる人はいなくなる。この先何をすべきか、誰も何も教えてくれない。自分で判断するしかない。
*********

なるほど。

そーいえば、最近私に会った人は知っていると思うが、白目が赤くなっている。
結膜下出血といい、全く病気ではないらしいのだが、見た目がちょっとコワイ。
本番もあったから、早く直したいと思って医者に行ったら「冷やすと早くなおるよ」と言われたので冷やしていた。
しかしネットで調べてみたらどのサイトも「あたためろ」と言っている。
どっちだーグッド(上向き矢印)バッド(下向き矢印)グッド(上向き矢印)バッド(下向き矢印)グッド(上向き矢印)バッド(下向き矢印)

これもまた孤高の世界であり
「この先何をすべきか、誰も何も教えてくれない。自分で判断するしかない。」
ということなのでしょうか。




posted by ミュージカル at 03:33| ミュージカル | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年03月15日

2008年グランドピアノの旅(6) 〜青山曼荼羅

TS3B0595.JPG

昨日のシアターライブ千夜一夜にご来場いただきましたお客様、ありがとうございました!
昨日は、「一音一音に魂をこめる!」を目標にやってましたが、できた気がする。

個人的に「おお〜うまくいったな〜」
と思ったところは、演奏部分じゃなくて、朗読にあわせてBGM的に音楽をつけた箇所なんだけど、
「もし生まれ変わったら、あなたのそばに咲く花になる」
というせつない台詞を語り手のおおばせいこさんが、リハーサルのときりもずっと、心にせまる悲しいテンションで語り始めた。
それをすばやく感じ取ってその感情に合わせて、悲しさと切なさを倍増させました。
バンドだと、「グルーブが一致した瞬間」みたいな快感になるのだと思うのだけど、
私はこういう、「演者と感情が一致した瞬間」の快感もある。
そして、「役者の感情によりそいながら」「あざとかったり説明的になりすぎず」の絶妙なバランスで入れられたとき、(やったね!)と思うわけです。

そもそも(そもそもだと?、、、、長くなるのか?)
舞台はナマモノなのに、音楽はMDとかですよね。
だからその日、役者の感情が変わっても音楽だけは変わらないわけ。
つまり役者は生きているのに、音楽は死んでいるのだ。
だから本来は音楽も生であるべきなのです。
でも、生だからいいわけではなくて、
生演奏でも、自分の音しか聞いてなかったり、「与えられた譜面をそのままひきまーす」とか「自分で考えたフレーズをそのままひきまーす」だったら生の意味はなくて、
きちんと役者の感情を見て、やりとりをしながら、その日だけの音楽を奏でるところに、醍醐味があるわけです。

あーあまり長くならないですんだ。

ピアノはヤマハだったけど、型番をのぞいてこなかった。

posted by ミュージカル at 03:33| 2008年グランドピアノの旅 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年03月14日

曼荼羅ライブ当日券のご案内

本日のシアターライブ千夜一夜@南青山曼荼羅の当日券をご希望のお客様は、お店に直接お問い合わせ下さい。
電話番号は 03-5474-0411 です。

似て非なるもの(1)
私の朝ごはんと、ミミガーの朝ごはん

TS3B0593.JPG

似て非なるもの(2)
電車の中で若者が
「オレ漢字にがてだったからさー代々木をずっとササキって読んでたんだよね〜」
代々木と佐々木
たしかに見た目は似ている。

posted by ミュージカル at 03:33| ミュージカル | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年03月13日

明日(金)曼荼羅でオムニバスライブ

明日3月14日(金)はシアターライブ千夜一夜第11話が、南青山曼荼羅であります。

5964c10b-s.jpg

花にまつわる物語を、音楽をはさみながらおおばせいこさんが語り、歌います。
フラメンコも踊ります。
秋山はピアノを弾きます。
きれいなもの(=おおばせいこさん)ときれいな音楽(私のピアノ)ですてきな金曜日の夜を送りたい方はどうぞご予約を!
http://formmail.jp/00042700/


花柄の洋服やバッグ・小物をお持ちのお客様には、小さなプレゼントもご用意しています!
もちろん私も花柄の衣装!

では明日!
posted by ミュージカル at 03:33| ミュージカル | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年03月12日

舞台関係、どんな悪夢を見る?

舞台関係の皆さんはどんな悪夢を見ますか?
よく聞くのは、台詞がでてこないってやつ。

私は熟睡タイプなのであまり夢を見ないが、たまに見る夢は、
・譜面がなくてわからないので、即興で適当に弾く(非常に現実に近い夢である)
・楽屋から舞台までがすごく遠くて、間に合わない
・バンドでやっていて、本番なのに演奏が途中で止まってしまい、何回やっても合わない
・舞台に出たらノーメイクだった

そして今朝は、新パターン
・舞台にあがってピアノの前に座ると、左半分の鍵盤が沈みきっていて、全く弾けなくて困る

という夢を見た。
こういう夢は何を暗示しているんでしょうねー

ちょっとおもしろいから、コメントつけられるようにしてみようかな。
みんなの面白い夢、教えてね。
(レスがつかなかったら、この部分は明日削除するあるね)







posted by ミュージカル at 03:33| Comment(5) | ミュージカル | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。