2008年05月31日

彼にふりむいてもらえないの

このブログをずっと読んでくれている人は、秋山桃花はネコ派だと思っていると思いますが、
実は、犬狂いです。

散歩中の犬とは必ずアイコンタクトでごあいさつし、
スーパーの前につながれた犬は、飼い主が出てくるまで、代わりに面倒を見ます。
でもふりむいてもらえないこともあります、、、、




あ!お知り合いの皆さん、地方公演や出張の際、犬あずかりますよー!

posted by ミュージカル at 03:33| ミュージカル | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年05月30日

美女とリハ&ヤマハ「テノリオン」

080528_2039~01.JPG

6月26日のシアターライブ千夜一夜のリハ。
主演のおおばせいこさんが、バンドメンバーに曲のアレンジのイメージを一生懸命伝えているところです。
しかし、おおばさんの必死の説明がひとしきり説明が終わると、このメンバーは
「ふーん」と言い、
「わかんないけど、やってみよう」
といって、やりながら考えるタイプの人たちです(際たるものは私だが)

あとリハの前に、ヤマハのテノリオンなる楽器を見ました。
いじる時間がなかったので、どういうものかよくわからないのだけど、、、
サイトはこちら

ヤマハは、以前ミブリという楽器も出していたよね。
これもいじったことはないが、、、

と、本日は、しりきれトンボで終わらせて頂きます。
posted by ミュージカル at 03:33| レギュラー公演 千夜一夜 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年05月29日

役者さんに鼻くそがついていたら?

ひとり芝居とクラシックピアノで構成されたお芝居を見た。
結構大きめのホールで、満席だった。

最後のほうで、泣いている人がたくさんいた。
でも私はぜんぜん感動しなかったし、いろいろなアラが目についてしまっていた。
そして、
(なぜ、みな感動しているのに、私だけ感動できないのか?)
について考えていた。

結論は
「役者の鼻の穴から鼻くそがのぞいていたら、どんなにいい芝居であっても感動できない」
です。
どうしたって、そこが気になってみちゃうよね。
もうそれが気になりだしたら、その人がどんなにかっこよくても、いい台詞を言っていても、すてきなキャラクターでも、鼻くそが気になって集中できないと思う。

でもって、私が見た芝居は、
鼻くそはついていなかったが、
ピアノの技術が気になってしまったのですね。

クラシック作品を弾いていたのだが、
単体としても(なんかたりないなー)という感じだったし(ミスタッチもあった、、、あの会場で気づいたのは私だけだと思うけど、、、やな客。)
舞台音楽としても、ストーリーや役者の感情とちゃんと共鳴してない感じが、すっきりしなかった。

で、もうここが気になりだすと、「役者の鼻くそ」状態ですから、感動なんてできないわけです。

んー。

これを他山の石として、小さな鼻くそで、せっかくの舞台が台無しにならないように、気をつけようと思いました。


posted by ミュージカル at 03:33| ミュージカル | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年05月28日

東京の外国人

以前、(英語の勉強という不純な目的で?)数年間、在日外国人のインプロ(即興劇)のショーで即興ミュージシャンをやってました。
「東京コメディストア」といいます。
久しぶりにサイトを見たら、こんなビデオを作ってるらしい。
ちょびっとおもしろかったので共有します。



それにしても、外国人増えてますよね。
新宿とか原宿とか、半分ぐらい外国人なんじゃないの?って思うことある。
アジア人同士、英語でしゃべってたり、
日本人だとおもったのに、韓国語だったり。

でも、日本人はそういう状況になかなか対応できてない気がする。
べつに英語や韓国語できなくても仕方ないけど、ちょっと考えればそれじゃ伝わらないことわかるだろ!っていう場面が、今日2回あった。

ひとつめは薬局で。
お勘定している私の肩越しに、「これはハドゥワですか?」
と繰り返し店員にきいている外国人がいた。
店員は聞き取れなくて困っていたが、
わたしには「ハードワックス」と聞こえたので
レジの人に「ハードワックスっていってるんだよ」とおしえてあげた。

そしたら店員さんは
「はい。かたまります」
と答えていた。

その日本語はわからないだろう!
この場合、正解は
「はい。ハドゥワです。」
ですね。

もうひとつは、ファーストフードで。

「ワンシェイク」をオーダーした外国人に
店員が
「バニラ、ストロベリー、チョコレート?」
と聞いたのまでは良かったが、その指は、カタカナで書かれたメニューを指差していた。

そんなことしたって、よめないだろう!
この場合は、目を見て聞いてあげるのが正解ですね。

英語を勉強するのも良いけれど、日本語の半分は英語(=外来語)なので(暴論である)、それよりもふつうのコミュニケーション力を磨いたほうが役に立つなーと思ったできごとでした。

posted by ミュージカル at 03:33| ミュージカル | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年05月27日

ピアノソロ曲を書いている

080527_0938~01.JPG

ピアノソロ曲を書いている。
最初のうちは即興と同じプロセス、つまりひらめき、弾く。

そのあとは、即興にはない作業、すなわち
・書き留める
・個々のメロディを推敲する
・全体の流れを推敲する

てなことをやり、

こっからよねー苦手なのわ。

「きれいな譜面にする。」

これよねー問題はー

でも、そういう作業が得意&好きな人もいるはず!
ロジック使っている人で、きれいな譜面を仕上げることに興味ある人ぜひ連絡を!

posted by ミュージカル at 03:33| ミュージカル | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年05月26日

台本かくあるべし

先日の公演でお世話になったテアトルエコーの保科さんが演出されているお芝居を見ました。
平田オリザさんの書き下ろしで「夫婦善哉」。

舞台中央のちゃぶ台をかこんで、食事をしながら(いろんなつまみを、ほんとに食べるのもおもしろい、、、稽古のときはどうしていたんだろう?)たんたんと静かな会話が進んでいくだけなのですが、
それを聞いているだけで、たった90分なのに、どんどん登場人物の人生や係わり合いが見えてきて、いやーびっくりしました。

研ぎ澄まされたメロディーにはよけいなアレンジとかいらないんだと思うのだけど、

それと同様、研ぎ澄まされた台本には、よけいな音楽も照明も不要で、ただそこに楽器(=人間)がいればいいんだと思った。

こまばアゴラで6月1日までやってます。
posted by ミュージカル at 03:33| ミュージカル | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年05月25日

世界遺産劇場に出たい

人それぞれ、好きな劇場や、ライブスペースがあるとおもう。
わたしは、馬蹄形の劇場に弱い。
オペラ座とか、

opera2_M.jpg

日本だとグローブ座とか、アートスフィアとか(両方とも今は名前が変わったね、なんだったかなー)

馬蹄形の劇場だったら、どんなに過酷な条件でも出演します。

あと伝統的な劇場とかね。
香川の金毘羅大芝居とか
福岡の嘉穂劇場とか

しかしいま調べていたらそういう昔の芝居小屋は今でもいろいろ残っているみたいです。
http://www.kahogekijyo.com/zenkoku/koya.html

どれも情緒がありますなー

あと、ハードルは高いが、世界遺産劇場での演奏を狙っている!
ただ、実際には、すてきな建物の中でやれるわけではなく、
「すてきな建物の隣にある仮設スペース」でやるような気がするので、
思ったほどすてきではないのかもしれないが、、、
場所からもエネルギーやインスピレーションをもらいながらやれたら素敵ですよね。


関係ないけど、こんな迷惑メールがきた。
中国語で、
「あなたの送ったそのあて先はありません」って言ってるらしい。
発音できないけど、雰囲気的にわかるのがおもしろい。

无法将您的邮件投递至以下指定地址:
billing@xxxxxxxxxxxx.com : 投递失败, 帐号不存在.

そういえば、以前、海外で就職しようとしていた日本人の友人は、中国語を勉強したこともないくせに、履歴書に
「中国語は中級レベルの読解力」と書いていたそうである。
確かにそうかもしれないね。


posted by ミュージカル at 03:33| ミュージカル | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年05月24日

千夜一夜第12話は6/26(木)

1001バナー写真.JPG


12-l.jpg

シンガーソングライターおおばせいこが
2004年から定期的にお届けしているシアターライブ「千夜一夜」。
自作曲のバンド生演奏と弾き語りを中心に、
朗読、芝居、フラメンコやトークをはさみながら、
エンタテイメント性にあふれるステージをセルフプロデュース。
映像やイラスト、弦楽器とのコラボレーション、役者との共演、
お客さま参加型のインタラクティブな仕掛け等もとりいれ、
常に最新のエンタテイメントを提供しています。


↑これはおおばさんのサイトより抜粋の文章ですが、
ここに書かれてないことがあります。


それは

おおばせいこさんは と に か く 美 し い !!!

ということです!


ナポリを見てから死ねという言葉がありますが(あれ?あったよね?)

おおばせいこを見てから死ね。って感じです。
特に男性諸氏ね。

さて、今回の舞台は、風変わりなカフェ。
おおばせいこさんが、○○姉に扮して、あなたを癒してくれます。
男性諸氏は必見です。
これはもう男子の夢でしょう!!!

※秋山は今回もピアノ&企画お手伝いで参加します。

かわいいかわいいかわいいかわいいかわいいかわいいかわいいかわいいかわいい
かわいいかわいいかわいいかわいいかわいいかわいいかわいいかわいいかわいい


【千夜一夜第12話】
■日時:2008年6月26日(木) 
18:00開場/19:00開演

オープニングアクトあり
おおばせいこは20:00出演予定です。

■会場:南青山MANDALA

■交通:地下鉄外苑前駅1a出口徒歩4分

■料金:¥3600円(with1ドリンク)

■チケットのお申し込み
ネットでのご予約はコチラから
電話:03・5947・6400
メール:info@seikoohba.com

■出演:★おおばせいこ(Vo)
     浜野基永(G)/秋山桃花(P)/小澤健一(B)/三橋隆幸(Key)/渡辺純也(Per)





posted by ミュージカル at 03:33| レギュラー公演 千夜一夜 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年05月23日

続・イケアに死す

TS3B0795.JPG

さて、昨日の続き。

配送料がこんなに高かったのです。
ピーチ姫が買ったのは5000円の家具。
ピーチ姫はとってもびっくりしました。

5億円のお城を買ったら「土地代が別に5億円かかります」と言われたようなものですからね。

ピーチ姫は決断力のあるお姫様でしたから、すぐさま次の窓口に向かいました。

TS3B0794.JPG

すべてが終わるとピーチ姫はぐったりしてしまい、
カフェのソファで1時間も休憩してしまいました。
そのときのピーチ姫ったら、まるでこんにゃくみたいでしたよ。

さて、お城に帰ってこの話を皆にすると、7人の小人たちが、書庫からこんな本を運んできました。

514FE6W64BL._SL160_AA115_.jpg

ITの飛躍的発展はインドや中国にグローバルな競争力を与え、その結果、先進国の仕事は次々に奪われています。その一方、知識やアイディアが共有されることにより、あらゆる場所でイノベーションが起きています。競争とイノベーションの新時代を、われわれはどう生き抜けばいいのか? Google、ウォルマート、デルなど「世界のフラット化」を成功に結びつけている実例を多数紹介しながら、21世紀の繁栄の条件を示します。
(アマゾンの説明文から)

小人1「この本の中に、飛行機のチケットを自分で発券する話がのっているよ」
小人2「そう、インターネットで自分で全部できるけど、それは本来は航空会社の社員がするべき仕事で、それを一時的にお客さんがアルバイトして変わりにやってあげてるようなものなんだって」
小人3「その意味ではピーチ姫は、あやうくIKEAでアルバイトをしてしまうところだったね」
小人4「運搬も自分でやるお客さんは、佐川急便でもアルバイトをしていることになるよね」

「わたしがアルバイトですって?」
ピーチ姫は、とってもびっくりしてしまいました。
そして、一晩かけて、この本を読みました。

こうしてピーチ姫は、また賢くなりました。
重いものは、相変わらずもてないままでしたが、ね。
posted by ミュージカル at 03:33| ミュージカル | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年05月22日

イケアに死す

あるところに、重いものをもつのが大きらいな、お姫様がいました。
名前はピーチ姫。
ピーチ姫は、毎日ピアノを弾いて楽しく暮らしていました。

ある日、ピーチ姫は、魔法の水晶を見ていて、すてきな家具を見つけました。
IKEAというお店で売っていることがわかりました。

ピーチ姫は、とても元気なお姫様でしたので、王子様も、執事も、御者も連れず、ひとりでIKEAに行きました。

ところが、IKEAでは商品を自分で倉庫から出して、自分でキャッシャーまで運ばなければいけないことがわかりました。

「みんながやっているんだから、私にだってできるはずだわ。」
ピーチ姫はそう思って、倉庫に行きました。
倉庫は冗談みたいに大きいでした。

TS3B0792.JPG

その家具は20キロありました。
でも、がんばってカートに載せました。

TS3B0791.JPG

がらがらがら、、、、

TS3B0793.JPG

そして次の窓口に行ってお金を払い、
達成感に満ち溢れて
「お城まで送って頂戴ね」
と言いました。

ところが、、、、

(明日に続く)
posted by ミュージカル at 03:33| ミュージカル | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年05月21日

アイロンをかけてもらいました♪

TS3B0797.JPG

昨日のネクストインプロシアターにおいでくださった皆様、有難うございました!
ロシアのスナイパー、かっこよかったですね!
舞台となる国とかに特徴があると、音楽もイメージが広がってさらに演奏が楽しくなります。

さて、出演者の間で、私は「アイロンがけの下手な女」で有名です。
だって嫌いなんだもん。
結果として、下手。
毎回、開演前にぐずぐずとアイロンをかけ
(さあおわった、着ようっと)
と思って着ていると
「モモちゃん、アイロンかけてないの?」
と言われる。
うぇーん

で、今回もうぇーっと思いながら、楽屋でぐずぐずとアイロンをかけていたら
なんと、出演者の はっち から
「モモさん、はっちがかけてあげます!」
のうれしい言葉!!

こんな力強いアイロンかけを見せてくれました!

衣装も、新品みたいになった。
ありがとう、はっち!

ちなみに、はっちは「クラウン」でもあるんです。
イベントやパーティなんかに呼ぶときてくれるよ!
はっちのホームページ
お願いすれば、アイロンもかけてもらえるかも.....?

posted by ミュージカル at 03:33| ミュージカル | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年05月20日

NeXT IMPRO THEATRE当日券について

おしらせ。

5月20日(火) 19:30開演のNeXT IMPRO THEATREをご覧になりたい方は、090-5327-0042まで当日券をお問合せ下さい。

秋山はなんちゃってシンセで、即興劇に即興で音楽をつけます。
今回、こちらのピアニカもデビュー予定!

TS3B0748.JPG

基本的にコメディです。
笑いに来てね!


posted by ミュージカル at 03:33| ミュージカル | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年05月19日

ひどい映画を見てしまった

TS3B0788.JPG

素敵なオープンカフェで構想を練った後、ヒルズで映画を見た。
ひどかった、、、、

このブログには非難・中傷的なことは書かないことにしているので、タイトルは伏せるが、、、、
本編が終わったら、ほとんどのお客さんがエンドロールを見ずに立ち上がり、
残っていたお客さんもみんなが口々に突っ込みを入れていた。
まー予測すべきだったのかもしれないが、、、、
「魔法にかけられて」をもう一回見ればよかったよ。
タイトルが知りたい人は連絡下さい。

でもね、映画を作る前に、台本ってあったとおもうの。
そいでみんなでチェックしたとおもうんだよ。
そのとき、誰も疑問をさしはさむ人はいなかっただろうか?と思うのであった。

でもね、すてきな映画や舞台を見ると
(あーこんなすばらしいものがあるなら、もう私は何も造らなくていいわねー)
とおもうが
「こりゃーひどいねー」
って言うのを見ると、
(あーやっぱり私ががんばらないとだめよね)
と思うから、
この映画がつまらなかったのは、神様が
「モモちゃん、もっといいものを作りなさい」
というメッセージをくれているんだと思うことにする。

TS3B0789.JPG
んでもって、写真にあるとおり、ヒルズでみたわけだが、
ちょうど石山雄三さんのパフォーマンスをやっていた。
時間が合わなくて見れなかったけど、
サイトで映像が公開されています。
映像や照明とリンクしたダンスで、おもしろい。





posted by ミュージカル at 03:33| ミュージカル | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年05月18日

TAPsに楽曲提供

al_6164.jpg

すっかり書くのを忘れていたが、久々に普通の楽曲提供をしました(「普通の」=「舞台音楽じゃない」の意味だね)
ちなみに、曲だけ。詞はアーティストさんが書いてます。
TAPsという、タップを踏みながら歌う、女の子3人組です。
CDで買ってくれる人はこちら
ダウンロードしてくれる人はこちら
「願」WISHという曲です。

ちなみに、これは、もう10年以上前の曲、、、、それがひょんなことから使われることになりました。

個人的には、好きな曲もっといっぱいあるのだけど、なぜかこれが選ばれた。

ちなみに、好きな曲で、また採用されてない曲は、たとえばこんなです。

アイノウタ(詞・曲 秋山桃花)



ねがい(たまたまTAPsのと同じタイトルだが、全く別モノ)(詞・曲 秋山桃花)

※これはピアノも私が弾いております。

In love with you(詞・曲 秋山桃花)


Ready to Dance(詞・曲 秋山桃花)


楽曲をお探しのアーティストの方、他にもいろいろあるので、お気軽にお問合せ下さいね!
posted by ミュージカル at 03:03| ミュージカル | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年05月17日

若者風ブログ

<<注意>>今日はじめて秋山桃花のブログを読まれる方へ
本日のブログは、ギャルモードになっていますが、特別企画です。
ふだんは普通に書いておりますので、びっくりして帰らないでね。

エイベックスで教えているアイドルの人や、舞台の子役さんのブログを見ると、若い女子はものすごく見た目重視のカラフルでかわいいブログを書くのね〜黒ハートと感心し、挑戦してみることにシマシタ!(V^−°)
かわいく書けるカナ?

今日の写真は、芸大のロゴの入った、ミニスケッチブックです(≧▽≦)

TS3B0775.JPG

芸大にものすごく憧れがあるので、買っちゃいましたぁっ(*^_^*)
しかもたったの200円グッド(上向き矢印)

すてきなアイディアがっ
た・く・さ・ん
生まれてきそうな予感がしマスo(^−^)o

.
.
.
.
.
.


うーん見た目には楽しげだが、書くのがすごくめんどくさいぞー
そもそも写真が地味すぎると思います。
というわけでかわいいブログは今日でおしまい。
明日からはまたプレーンテキストです。
posted by ミュージカル at 03:33| ミュージカル | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年05月16日

バウハウス・デッサウ展みた

秋山は音楽と舞台の次に、建築や意匠に興味があるので、バウハウス・デッサウ展に行ってきました。
↓これはちらしの写真

TS3B0774.JPG

バウハウスの存在や作品もおもしろいけど、展示の見せ方もおもしろかったなー
実際にどういう授業が行われたかとか、舞台工房(人間によるパフォーマンスと、デザインを融合させるこころみ)のビデオとか、校長室の実寸代での再現とか、、
美や意匠のあくなき追求の姿勢と、その結果を肌身に染みて(日本語あってる?)感じることができました。

おすすめです!

posted by ミュージカル at 03:33| ミュージカル | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年05月15日

秋山オタク疑惑

昨日のつづき。
ノートンいじっていたら、メールは受信できるようになりました手(チョキ)
えらいでしょ。

同時に、昨日、秋山桃花はコンピュータオタクかもしれないと書いたが、違うことを確信。
なぜなら、解決したとたんに、そのことについての興味は全くなくなり、
なぜだろうと追求する気持ちもなく、
そのことについて語る気持ちもまったく起きないからです。

そしてすぐに新しいことに興味を持つ。

新しいことと言うのはこれです。
マイスペース。

TS3B0773.JPG

自分がページをもっていることに急に気づいた。
でも、ミクシー全盛のいま、やっている人いる?
直接の知り合いでマイスペースやっている人いたら、フレンドリクエストしてみてね!





posted by ミュージカル at 03:33| ミュージカル | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年05月14日

ノートン2008のバグとの戦い

昨夜から、PCでメールチェックができなくなった。
「問題が発生したため、Symantec Service Framework を終了します。 ご不便をおかけして申し訳ありません」
というメッセージが出る。

ネットで調べたらどうもノートン2008のバグみたいです。

しかも、ノートンオフにしても直らないんだけど、、、、

うーん

メールソフト変えてもダメなんだろうなあ、、、、

というわけでちょっとブログに逃避してみている、、、、

機械は便利だ、でもときどき困る。

特に最近トイレで、「オートフラッシュ(自動洗浄)」のとき思う。
なんか大切なものを落としてしまったとき(ミラクルとか)
流さないのに勝手に行ってしまったらとっても困るよね、、、、

あと、ちょっとだけカチンとくることもある、、、
銀行のATMで、画面の上にメモとかおいていると
「恐れ入りますが、画面の上にものをおかないでください」
と、ぜんぜん恐れ入ってない女の声でいわれる。
機械のくせに!
ちょっとおいただけじゃん!

というわけで、ちょっと現実逃避をしてみた。

再度ノートンとの戦いに戻ります。
あーあ

なんかこの日記、おたくっぽいかな、、、

今日は寒いね、、、、

(めずらしく弱気であった)

posted by ミュージカル at 03:33| ミュージカル | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年05月13日

続・エジンバラ演劇祭:演目は?

昨日の続き。
「エジンバラにひとりで行ってもやるもんない」
と書いたが、やろうと思えばできるなーと思った。

たとえば、30分のショーならこんな感じ、、、

開演前、複数のお客様に「単語」をもらう。もらった英単語に該当する漢字を大きな半紙に筆で書いて壁に貼っていく。

1曲目は、その漢字からのイメージで即興で演奏。

続いてはお客様から、「世界中で有名な童話」を提案してもらう。その物語を5分ぐらいで即興演奏。物語とともに、曲が展開していくのを楽しむ。

次は、ジャンルリプレイ。誰でもが知っている有名な曲のタイトルをもらい、それを3つの異なるジャンルでアレンジして演奏する。そのジャンルもお客様からもらう。

4曲目は、お客様と連弾。

最後は、お客さんに、曲のタイトルと、どんな感じにしたいかとか聞いて、その場で作る。

なんだ、一人でもできるじゃーん。
MCも、知る人のいない外国なら、できる気がする。
ということは、やはり問題は飛行機か、、、、うーん、、、、


posted by ミュージカル at 06:00| ミュージカル | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年05月12日

エジンバラ演劇祭に行こうかなーと

毎年夏に、イギリスのエジンバラで開催されているエジンバラ演劇祭に行こうかなーどうしようかなーとちょっとだけ思っている。

まだ行った事はなく、しかし去年見に行った友人から
「ももちゃんは絶対見たらいいと思う!」
と激押しされている。

外国には全然抵抗がなく(フロリダでインプロのショーをしたこともある)、静岡の大道芸フェスティバル行こうかなーどうしようかなーぐらいの感覚だが、静岡は思い立ったらすぐ行くけど、エジンバラは行かないのは、

飛行機だから!
ずっと以前の記事参照。

なので、どうせ飛行機に乗って行くなら、なんかやりたい気もしていて、
すると調べてみたら、
Edinburgh International Festivalは招待が必要で、そしてわちきがサイトを見た限りでは今年は日本人のグループはないようだったけど、(違ってたらごめん!)
Edinburgh Fringe Festivalは勝手に行って、勝手にやっていいみたいだ。

んでもって応募方法のページを見たら、がーまるちょばの写真がトップに載っているのを発見!
以前東京コメディストアに出ていたとき、よくご一緒してました。
エジンバラでもいろいろ受賞したみたいです。
いまサイトを見たら、ニューズウィークで「世界が尊敬する日本人」にも選ばれたそうな。
もう世界に羽ばたいたのねー。
確かに、昔から、本当におもしろかったもんなー。

うーん、でも私はひとりで行っても別にやるもんないしなー

行こうかなーと考え中で、ミュージシャンを探している方、もしくは頼んでいたミュージシャンの指がアロンアルファでくっついちゃって困っている方(昨日の記事参照)、いたらご相談を!
ちなみに、秋山桃花は、英語もできます手(チョキ)




posted by ミュージカル at 03:33| ミュージカル | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。