2008年06月30日

台詞を頂きました、がっ!!

曲&演奏で参加のミュージカル公演の台本を頂きました。
今回は、企画段階からお手伝いしているので、台本はまだ完成じゃなくて、2場まで見せてもらった。
続きが気になる!わくわく!な楽しいストーリーでしたが、
なんと、

冒頭3ページにわたり、主人公とピアニストモモの会話が!!

たまにあります。
秋山桃花は演技ができると思って下さる方が多いようで、うれしいことですが、

はい、できません!!!

というわけで、代案は「主人公の歌で、その会話で伝えたい内容を代替する」でしたが、どうなるかな?



posted by ミュージカル at 03:33| ミュージカル | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年06月29日

エジンバラ演劇祭その後

少し前に、
「エジンバラ演劇祭に行こうかなー」
というのをこのブログに書いた。
そしたら、

・とにかく参加グループが多いので、お客さん集めが大変で、お客さんが3人しかいないショーとかあるよー
とか

・以前から仲良くしてもらっている"Tap DO!"は今年はエジンバラ演劇祭で劇場公演やるよー
とか

いろいろな情報を頂きました。

そしてやっぱり楽しそうだ!
しかし今年は大小各種の仕事が入ってしまったので断念!
どうせなら3ヶ月間ヨーロッパ周遊!!とかしたいし、来年に期待!

今年は、浮いた旅費を使って、S席でいい芝居を見まくるぞー!




posted by ミュージカル at 03:33| ミュージカル | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年06月28日

添い寝カフェ

TS3B0884.JPG

先日のシアターライブ千夜一夜第12話のネタばらしを。
タイトルは「カフェ添い姉」。
このカフェには、ふつうのドリンクや食べ物のメニューのほかに、

マウス 900円(30分)
ソングス 1200円 (30分)
ニーズ 2000円(15分)

というオプションメニューがある。

マウスは、おおばせいこさんが演じるマスターの「添い姉」とのおしゃべり。
ソングスを注文すると、歌を歌ってもらえる。
そして「ニーズ」はKnees(膝)。膝枕をして話を聞いてもらえるサービス。
ここを訪れるいろいろな人たち(&ネコ)の物語でした。

もともとは、お酒の席で、バンドメンバーのひとり(もちろん男性)が
「疲れているときに、添い寝してもらえるお店があったらいいなあ、、、」
とお酒の席でぽろっといったのがきっかけで生まれた物語ですが、
たしかに、男性はみんな行きたいのでは?

※注意:このカフェは実在しません(.....はず。)
実在させるなら、値段をもう少し上げたほうがいいな。

写真は、青山で発見した、はがれた横断歩道。
このままはがれて、風でどこかに飛んで、遠い町でまた横断歩道になるんだね。

posted by ミュージカル at 03:33| ミュージカル | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年06月27日

神様ひとつお願いがあります

TS3B0886.JPG
神様ひとつお願いがあります。
自分の演奏を生で客席で聞きたいよう。
録音でも録画でもなく聞きたいよう。

というのは、昨日の曼荼羅ライブのリハのとき、たまたま他の人がピアノを弾いているのを客席で聞く機会があり、そしたらステージ上で私が聞いている音と全く違ったからです。

以前、楽器を2種類に分けたが、
また別の分類として
(1)しようと思えば、出音を自分でチェックすることができる楽器(=ギター、ベース、エレキ系生楽器、ボーカル)
(2)出来ない楽器(=ドラムとかピアノとか生楽器系。)
という分類も提案したいと思います(誰に?)

一番大事な「出音」を人任せにしているというのは、本当はおかしなことなのだよなー

うーん
自分で音作りたいよー

そして末尾となりましたが、昨日のライブにおいでくださった皆様、ありがとうございました!

あーそして風変わりなカフェの全貌は、長くなってしまったので、明日。
あーそして次回の千夜一夜は8月25日(月)です。

あーそして今日はNeXT IMPRO THEATREがあって、即興劇にあわせてシンセを弾きます。
当日券のお問合せは090-5327-0042までどうぞ!



posted by ミュージカル at 03:33| ミュージカル | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年06月26日

本日の曼荼羅公演当日券について

1001.JPG何件かお問合せを頂いたので、こちらにもお知らせ。
本日6月26日(木)の千夜一夜@曼荼羅の当日券は若干あるそうですので、南青山曼荼羅に直接お問合せ下さい。

ホームページ

場所&電話番号  〒107-0062 東京都港区南青山3-2-2 MRビル

TEL:03-5474-0411

ありそうでない、でもあったら絶対行きたい!風変わりなカフェと、そこを訪れる男たち(&なぜか動物も!)の物語です。
どんなカフェかはネタバレになっちゃうから、明日書きますね!




posted by ミュージカル at 03:33| ミュージカル | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年06月25日

もっと行っちゃっていいんだなー

少し前ですが、池田満寿夫さんのおうちを見る機会がありました。

池田さんのことは実はあまり知らなかったのですが、ビデオとか見るうちに、なんだか彫刻の森にあるピカソ館に行ったときのことを思い出した。

両方とも、作品や、仕事場から(ピカソのほうは、再現だったけど)
「表現に欠ける情熱!」
「表現のためなら俺は死んでもいい!」
みたいな気持ちがひしひしと伝わってきて、

(自分はまだまだだなー)

ってすごく思った。

当たり前か????

ってわけで、明日の千夜一夜@曼荼羅は、「このステージが終わったら死んでもいい!」っていう演奏をすることにする。
まあもちろん、いつもそうなんだけどね!






posted by ミュージカル at 03:33| ミュージカル | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年06月24日

名刺が500枚

TS3B0879.JPG

名刺が、500枚ある。
人のじゃなくて、自分の。
新しいのができたんだけど、500枚来た。

ともだち500人、、、、できるのか?

posted by ミュージカル at 03:33| ミュージカル | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年06月23日

テアトルエコーの新作

先月ライブをご一緒した杉村理加さんがxxxの役で出演している、テアトルエコーのコメディ「トム、ディック&ハリー」を見ました。

テアトルエコーさんのお芝居を見るのは、申し訳ないことに今回初めてだったのですが(エコー劇場は何回か行ったことあるけど)
英国コメディの翻訳モノで、設定も、台詞も、とってもおもしろかったです!
時間もリアルタイムで進んで行き、緊張感あるお芝居でした。
(ちなみに、本番中、壁にかけられて、リアルに時を刻む時計が止まってしまったことがあるそう、、、ブログにも載ってました。
舞台は、こういう裏話もおもしろいですよね。

ちなみにアメリカで別の劇団がやったときの写真を発見。
こんな感じの楽しい舞台です。

火曜日に終わってしまう&チケットはほぼ完売らしいですが、チャンスがあればぜひオススメです!

そして、26(木)は青山の曼荼羅へ「シアターライブ千夜一夜」を見にきてね。
(木曜日は残業でだめだなー)
と言う人は、金曜日、27日、NeXT IMPRO THEATREへどうぞ!




posted by ミュージカル at 03:33| ミュージカル | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年06月22日

「あ〜んできない♪」は何歳まで?

エイベックスのクラス内で、こんな会話があった。
12歳女子「あーん上手くできないいいいん揺れるハート(超甘えモード)」
16歳女子「私、もうそういうのは言えなくなったなーバッド(下向き矢印)
22歳女子「私、酔えば言える!グッド(上向き矢印)

ふーむ。
私の年になると、酔っても言わず、だまってがんばってやります。

配線も自分でやるし、
パソコンの設定も自分でやるし、
自転車のチェーンがはずれたら、自分ではめる(これは、かなり自慢)

先日もチェーンがはずれたのではめて、しかし手が茶色い油だらけになり、急いでいたのでそのまま走っていたら、交番の前でおまわりさんがその手を凝視していた。
まあ確かにメイクもばっちりした妙齢(っていうのか?)の女性とはミスマッチだったのかもしれません。

でも最近1週間に1回ぐらいはずれる、買いかえるか??
チェーンの交換ってあるのか?
あった、3500円かー
検討しよう

あれ?何の話だったっけ?

写真は現在の、マイスタジオからの風景です。
これで自転車でどこでもいける都心ですから。
今も、知らない鳥が鳴いてます。
メジロとか、シジュウカラとかも来るよ。
すてきでしょグッド(上向き矢印)

TS3B0881.JPG
posted by ミュージカル at 03:33| ミュージカル | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年06月21日

10年ぶりにDPEに行った

この秋はいろいろな種類&場所(横浜とか、名古屋とか)での公演への出演が予定されておりますが、その中のひとつの公演用に
「秋山さんの写真を送ってください。データじゃなくて。」
と言われた。

うーむ。手元にあるのはデータだけだ。
しばらくして、気づく。
写真屋さんで現像してもらえるかもということに!
こうして、10年ぶりにDPEに行った。

TS3B0880.JPG

写真屋さんは様変わりしていて、まさにメディアステーションという感じだった。
お客さんはみんなメディアをもってきて、「これをプリントしてください」っていう人ばかり。

私は写真の機械にデータCDを入れて、自分で操作して、プリントしました。
デカサイズでも、126円だって。
安すぎ!

今日の最前線ビジネスレポートをお送りしました。
See you next time!



posted by ミュージカル at 03:33| ミュージカル | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年06月20日

モバイルアートミュージアム@シャネル

TS3B0877.JPG

TS3B0876.JPG

原宿で開催されているモバイルアートミュージアムに連れて行ってもらいました。
これは無料なんだけど、チケットが手に入りづらく、ヤフオクでは6000円とかの値段がついている人気の展示なのです。

ほんでもって、なんで「モバイル」アートなんだろうと思っていたら、見る人はヘッドセットをつけて、そこから流れる音声に従って歩いていくのでした。

普通の美術館にも「ヘッドフォンガイド」みたいなのはあるが、ふつうは
「作品の前に立ったら、ボタンを押して解説を聞く」
システム。
鑑賞の方法やスピードは、鑑賞者にまかせられる。

モバイルアートでは、不思議なガイドの声が
「ここでしばらくこの作品を見てください。私がいいと言うまで進まないで下さい」
とか
「私がゆっくり6数えるので、その間この作品を鑑賞してください」
見たいに言うの。

でもって、これはICレコーダーかなんかに録音されているものが時間差で全員に同じものが流れているんだと思っていたのだが、
途中で、GPS的なシステムと気づく。
なぜなら、ガイドの声が「次にいけ」といっているのに、ずるをして座って休んでいたら、私の次の人が追い越していったからです。
だから「モバイル」なのね。

今回は、個々の作品は別々に存在していて、関連性はなかったんだけど、
こういうシステムが使えるのであれば、もっとストーリー性をもたせたり、観客自体が作品の一部になるように配置するとか、観客に何か音を出してもらってそれが作品と重なって完成するとか、いろいろな可能性の有るシステムだと思いました。
(体温や脈拍を感じ取って「ここで座って休まないで下さい」なんてガイドが流れるぐらいになるともっとすごいなー。血圧を感じ取って「もっと集中して鑑賞してください」とかね。)

興味のある人はヤフオクへどうぞ?
もしくは入り口に行列ができていたから、当日券もあるのかもしれない。
行ってみてね。


posted by ミュージカル at 03:33| ミュージカル | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年06月19日

千夜一夜まであと7夜

シアターライブ千夜一夜まであと1週間、バンドリハでは通し稽古をしました。

TS3B0814.JPG

こちらが、歌、朗読、作詞作曲、ダンス、振付、今回はピアノ演奏も少しだけする、マルチなアーティストのおおばせいこさんです。
そして、しつこいようですが、美人でスタイルがいいのよねー
でもって、おもしろくて、頭がいいのよねー
こんな人いるのねーって感じです。
前にも書いたかもだが、あやかりたい。

そんな彼女に、
「モモちゃんはお兄さんみたい(なぜか姉ではなく、兄なのだそうである)」
と時にたよられながら、楽しく作品作りをしております。

そしてこちらは、メンバーから頂いた私宛の差し入れ。
すげー。

TS3B0874.JPG

おいしかったよ。

公演情報はこちら

ご予約はこちら


posted by ミュージカル at 03:33| レギュラー公演 千夜一夜 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年06月18日

新作は完成の瞬間、新作ではなくなる

TS3B0847.JPG

街を歩いていて、新しさのかけらもない「近代店舗企画」という文字を見かけた。

かつては文字通り「近代」であったはずのこのビルとオフィスを見て、私は、

・時代もアーティスト自身もは変化し続けている。
だからどんな最先端の作品も、作られた瞬間古くなる。
明日になったら、どんどんまた新しいものが生まれてくるのだ。

と思った(飛びすぎ?だって思ったんだもーん)
だから創作に終わりがないんだと思った。

*************************

そして、ついでで恐縮ですが、ユニセフからミャンマーサイクロンへの募金協力のおねがいのお手紙が来ました。
HP的には、このページだね

http://www.unicef.or.jp/kinkyu/myanmar/2008_0527.htm


カードや、コンビニからでも募金できます。

posted by ミュージカル at 03:33| ミュージカル | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年06月17日

秋山桃花外国人説

スポーツクラブ行って、洗い場で髪の毛を洗っていたら、
隣にいた韓国人のおばさんが、
「お湯がはねるから、私みたいに、頭を下げて洗ってくれる?」
と言ってきた。

音楽性を否定されたわけではなく、
髪の毛の洗い方を否定されただけなので、
別にいいやーと思い
「はーい」
と素直に答えたが、

なんかやられっぱなしも悔しいなと思い、

「こういうときって”ミアナムニダ(=韓国語の「ごめんなさい」”っていうんだっけ?」
と話しかけてみた。

すると、おばさんは一瞬すごくびっくりした後笑い出し、
「そうよ。ミアナムニダ。」
と一緒に発音練習をしてくれたあと、

「あなた台湾人?中国人?」
と聞いてきた。

たぶん、私のリアクションが日本人ぽくなかったんだろうね。

そういえば、以前、在日カナダ人の女性となんかの打ち合わせをしていたとき、
「なんかメモ用紙ないかしら」と彼女が言うので
もっていた書類をびりびりと半分ちぎって、
「はい」
ってあげた時も、
「あなた日本人の女の子っぽくないわね」
といわれた。

褒め言葉と思っておこう。









posted by ミュージカル at 06:00| ミュージカル | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年06月16日

サンケイ新聞で即興演奏

TS3B0837005.JPG

前回は、「ヤングジャンプで即興演奏」だったが、今回は「サンケイ新聞で即興演奏」シリーズをアップしました。
こんな風に見出しから適当に目に付いた言葉を選んで、弾いてます。

しかし、今回はスタインウェイで弾いたためか、美しい系になった。
なごみたい人は、聞いてみてね!

ちなみに次回の即興演奏ライブは、
6月27日(金)のNeXT IMPRO THEATREです。
即興で作られるお芝居に、即興で音楽をつけていきます。


posted by ミュージカル at 06:00| ミュージカル | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年06月15日

オペラを弾き語りする女

TS3B0838006.JPG

最近のマイブームは、引き続きオペラ。
譜面を見ながら、トスカや、カルメンの弾き語りをしている。
先日のバイオリン同様、「ヒーッ」って音がする。
相当迷惑である。



posted by ミュージカル at 06:00| ミュージカル | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年06月14日

秋山桃花のお部屋大公開!

TS3B0827.JPG

6月26日(木)のシアターライブ千夜一夜で使用する写真の撮影をしました。
今回は、風変わりなカフェを経営する女性と、そこに訪れるお客さんたちの物語。
今回撮影した写真はxxに使用する予定です。

きゃーこれ以上は私の口からは言えない!
でも、特に男性は必見です!
みにきてね!

そして撮影に使用したのは、なんと我が家のリビング。
美女が座ると、お部屋もこんなに素敵に見えるんですねー。
ずっと座らせておきたいですねー。





posted by ミュージカル at 03:33| レギュラー公演 千夜一夜 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年06月13日

2008年グランドピアノの旅(8)スタインウェイ

TS3B0829.JPG

型番は確認しなかったが1000万はするであろう、スタインウェイのコンサートグランド。
先日知り合ったバイオリンの人は、2000万の楽器といっていたから、こんな大きいピアノが1000万円というのは、考えようによっては安いのかもしれない。
でもなーバイオリンと違って、よほどのことがない限り、本番にマイ楽器をもっていくことはできないので、つまりは練習用になるわけなので、それを思うとやっぱり高いよね。

すかーす!(しかし)
音は、断然素敵!!!!
言葉では言いにくいが、ちょっとひっかかる感じが好き。
浅くないの、深い味わいがあるっていうか、、、

んでもって私がくだらない即興演奏とかすると、すごく合わない感じ。
死ぬほど練習したクラシックの曲とかがぴったりくる感じ。
ベートーベンとかも弾いて見たけど、とっても合った気がする。

そう、でこのピアノで即興をやるとねー
慣れていないせいもあったけど、
なんか「すごくちゃんと弾かなければいけない」気がして、
弾くほうが萎縮しちゃうと言うか、型にはまってしまうというか、その音色に合った音を探してしまうと言うか、、、
まあ腕の問題もあるんだろうけど、
とにかく、深く深く表現された音楽にこそ、ふさわしいピアノな気がした。

即興には、200万ぐらいのヤマハがあっているのかなー。
それは即興だからなのか、私の腕のせいなのか、まだわからないが、、、

でも最高に気持ちよかった!
また弾きたい!



posted by ミュージカル at 03:33| 2008年グランドピアノの旅 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年06月12日

作曲レッスン@エイベックス

昨日の続き。

生徒の一人が、
「それは何長調?」
という不思議なメロディを書いてきました。

最初のうちは、私がコードをつけてあげるので、まず私がその曲を把握しないといけないのだが、よくわからない。

だけど、彼女の頭の中にはきっと素敵なコードが鳴っているんだよね。
それはもしかしたら、転調しまくりであっても、とってもきれいな曲かもしれない。

「これはわかりにくくてだめだよ」
と言って書き直してもらうことは簡単。
(世の中には、そういう先生が多いと思うが、、、)

でもそうではなくて
彼女の頭の中に鳴っているものを想像して
「こんなコード?」
って弾いてあげて、それを見つけ出すことを私はしたいし、している。

そのために必要なことは、
相手の音楽性を越えていないといけないんだよなーとすごく思う。

相手の音楽性を越えてなかったら、その人の頭の中に流れているメロディを想像することも形にしてあげることもできないよね。

じゃあ音楽性ってなに?
って思うと、
それはもちろん
「上手に歌うこと、演奏すること」
もあるんだけど

「頭の中に、どれだけたくさんの音楽が流れたり浮かんだりしているか」
ということではないかと最近思う。

自分の頭の中のイメージが貧弱だったら、
自分でも表現できないし、
人に伝えることも出来ないし、
教えることも出来ないのではないかな。

何の話だったかな???

まあ、つまり誰の頭の中にもメロディはあり、
曲は誰でも作れるってことです。
私が隣にいれば、ね。







posted by ミュージカル at 10:06| ミュージカル | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年06月11日

初心者も2ヶ月でオリジナル完成!

TS3B0820.JPG

4月から始まったエイベックスアーティストアカデミーのクラスで、
さっそくオリジナル曲が完成した生徒が現れました。
やはり「歌う」ことをきっちりとやってきて、音楽とも向き合っている人は、たとえ作曲するのは初めてだとしても、頭の中にはもうたくさんのメロディが既に「ある」んだよね。
私はそれを引き出し、形にする手伝いをしてあげるだけなのです。

一方、なかなか完成しない人へのアドバイスとしては、
「最初からそんな名曲が書けるわけないんだから、まずはどんなんでもいいから完成させて、詞までつけよう!」
です。

もちろん、いい曲が書けるに越したことはないが、まずは
「曲を作るプロセス」
を自分のものにすることが大切なのだ。

(写真は本文とは関係ありません)
posted by ミュージカル at 03:33| エイベックス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。