2008年10月31日

ピアノで笑わすには?

11月にクラウンYAMAさんと、オペラ歌手の宮城摩里さんと公演をやるので、いま作品を作ってますが、
クラウンの観点から創るので、
「どう見せたらおもしろいか」
ということから創っていきます。
クラウンだから台詞なし。

ほんのちょっとした間とか、メロディで、すごく笑えるシーンになったりするのがおもしろい。
やっぱり、コメディとか、こういう笑えるものを創る作業は楽しい。
ピアノの演奏で笑わせられないかな!というのもちょっとだけ研究してます。
芸術だけでもなく、笑いだけでもないものを、いいバランスで作れるといいよね。

詳細は追ってアップします!


posted by ミュージカル at 06:00| ミュージカル | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年10月30日

女優さんに近づくために玄米道を行く

TS3B1254.JPG

昨日の続き。
そいでもって、最近は、いろんなきれいな女優さんと一緒にいることが多くて、オーガニックを心がけている。

きれいな女優さんと一緒にいる

自分もきれいになりたいと思う

どうやるときれいになるか、細胞レベルから勉強している

鍵は、食べ物らしい。

たんぱくしつは肉よりも魚や豆から
野菜たくさん
果物たくさん
抗酸化作用のあるもの:玄米系、白パン(小麦粉)よりも、黒パン(ライ麦とか)
血液さらさら作用のあるもの:ゴマとか、海草とか、梅干とか、酢とか
化学物質のはいってないもの:有機

しかし、意識してみて気づいたが、たとえばコンビニには、これらの条件を満たすものってひとつも売られてない。

スーパー行っても、少ない。

ナチュラルハウスとか、いかないとない。

しかも、もしここに、
「エコ的観点から国産のものを食べよう」
となると、さらに商品が限られてきて、
本当に、自分が食べるべきものって意外と売ってないんだな。と気づかされた。

ということで、まずは、ネットで有機栽培の玄米を買って、食べてます。
玄米、食べ応えがあって、おいしい!
ビタミンも豊富だそうです、オススメ!

posted by ミュージカル at 00:00| ミュージカル | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年10月29日

耕すことの大切さ

TS3B1202.JPGちょっと昨日の続き。

そいでもって
そのストーリーを聞いたからというわけではなく、
この夏ぐらいから、マンション内にある秘密のスポットでひそかに野菜栽培を始めている。

わさわさしているのが、明日葉、これは伊豆に旅行にいったときに苗を買ったもの。

横に、切り落とした大根の葉っぱが伸びてきています。

あと良く見えないけど、じゃがいもを丸のまま植えたら、芽が伸びてきている。

収穫はいつになるのかわからないが、
耕すこと、食べ物を創ることって、基本だなーとおもう毎日であります。

posted by ミュージカル at 00:00| ミュージカル | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年10月28日

私たちが伝えるべきメッセージは何だろう

TS3B1250.JPG
昨日のシアターライブ千夜一夜は、「死ぬまでにしたい10のこと」の映画から着想を得て、ある雑貨店の店長の女性が、
「もし余命が2ヶ月だとしたら何がしたいか」
を考えていくストーリーでした。
事前にお客様から「自分が死ぬまでにしたい10のこと」の中からひとつを選んで書いていただき、
それをストーリーの中に織り交ぜたりもしながら、
お客様自身にもいろいろと考えていただいたり、気持ちを動かしてもらえるような作品に仕上がりました。

そして、なんとなく、
「見ている人に変化を及ぼす」ということをもっとやってみたくなった。
もっと社会性のあるテーマとか、グローバルな観点から作った作品とか。

というのも、最近、千夜一夜の番外編みたいな作品で、
環境や「土を耕す」ことの重要性から、人類の行く先みたいな大きいテーマをもったストーリーをやったことがあって、

難しい本や、演説でロジカルに訴えるよりも
平易に見えるストーリーで感情に訴えるほうが
人に伝わるってことあるなーと思って。

「心が動くとき、人は動く」のであり、
芸術には、その力があるのだとおもった。

引き続き考える。

posted by ミュージカル at 00:00| ミュージカル | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年10月27日

サーカス行った

テアトルエコーの公演「フレディ」に、「うたよろ」を一緒にやっている杉村理加さんが出演しているので見に行きました。
フランスのサーカスのお話で、アクロバットや手品なんかも見られて、得した気分!
バルーンアートまでもらってご機嫌。

TS3B1249.JPG

下の写真は、終わったあと行った、海鮮居酒屋。
「浜焼き」しました。

TS3B1248.JPG

そして、今日はシアターライブ千夜一夜@南青山曼荼羅です。
当日券のお問合せは曼荼羅に直接してみてください!
皆様のご来場をお待ちしております!

南青山曼荼羅  
〒107-0062 東京都港区南青山3-2-2 MRビル
TEL:03-5474-0411

posted by ミュージカル at 00:00| ミュージカル | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年10月26日

カラオケのキーやスピードを変えるソフト

TS3B1246.JPG

スタジオにこんな商品紹介はりがみが。
そう、時代はもうここまで来ているのだ。

そして実はパソコンを持っている人なら、
簡単にキーやテンポの変更ができるソフトがあるよ。
私も重宝しています。

窓の杜で無料ダウンロードできます。

下の写真は、赤坂サカスのパンやさん。
いままでいつ通っても100人ぐらい並んでいたが、今日は行列なし!
迷わず購入!
HPを見ると、パリの三ツ星レストランが選ぶパン屋さんが日本に初進出だそうです。
私は、大概のものは「おいしい」と言って食べるのであてにはなりませんが、おいしかったです。
最近は、食生活を改善しているので、白くないパンを主に食べております。
ドミニクサブロン

TS3B1247.JPG


posted by ミュージカル at 00:00| ミュージカル | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年10月25日

盗聴器と、チケット販売車

TS3B1245.JPG

リハ用にICレコーダーを持ち歩いているが、
最近よく勝手に電源が入って、よくわからない物音が録音されている。
歩いているぽい音とか、電車の音とかは、いいとして
自分じゃない話し声が入っているときがある。
これは、怖い。

「モモちゃんってさー結構がさつだよね」
とか、
「秋山さんって慣れ慣れしいよね」
とか、
陰口が入っているかもしれない!!!

なので、いつも聞かないでそっと消します。

ちなみに、この「慣れ慣れしい」
というのは実際に言われた。
いまとても仲良くしている役者さんに、私に出会ったときの第一印象を聞いたら
「なんて慣れ慣れしい人だろう」
だったそうです、、、、

たしかに、人見知りとか、物怖じとか、しないかも、、、、

そして下の写真は、はじめてみた、チケットを売りながら走る車。
原宿で見ました。

TS3B1215.JPG
posted by ミュージカル at 06:00| ミュージカル | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年10月24日

ミスサイゴン観劇

オリジナルミュージカルの曲を書かせてもらっている、「順風満帆」主宰の照井裕隆さんが帝劇でやっているミスサイゴンに主演しているので、見に行きました。

大昔見た記憶が、、、
しかし覚えてないもんだね。
全く新しい気持ちで見ました。

セットの転換が圧巻。
音楽もすばらしかったです。
あーでも欲を言えば、スピーカーから出ている音はイマイチだったかなーせっかく生演奏なのにね。
そういえば、ミュージカルで、「出音が最高!」っていうのはあまり出合ったことがない。
むずかしいのか、後回しになるのか、、、

自分の舞台でも、出音は凝りたいのだが、
自分が弾いているとチェックできなくて、
結局人任せになってしまう。
そのうち、自分は出ないできちんと時間をかけてサウンドチェックして、
最高の出音のショー、やってみたいなー。

posted by ミュージカル at 00:00| ミュージカル | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年10月23日

釣りをしている

ここ数日、家で曲作り、ということが多かったので、
そうすると、料理とかする。

先日は、さんま!
みようみまねでさばけるので、さばいて、焼いた。
(こういうのは料理のうちにはいるかわからないが、、、)

TS3B1233.JPG

そして、頭は、釣りえさにした。
釣るものは、ネコたちです。

釣れますように!

TS3B1235.JPG
posted by ミュージカル at 00:00| ミュージカル | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年10月22日

ロジックの新機能希望

TS3B1230.JPG
ここんとこ、弦のアレンジをしていて、ロジックスタジオを使いまくっている。

腹が立つぐらい分厚いマニュアルですが、

TS3B1231.JPG

慣れてくると、ほとんど開かないで直感的にやれて快適。

たとえば、
ディレイをかけたいぞ!っていうときも、
「どのくらいのレベルで、何秒間かけたいの?ちゃんと数字で言ってね。」
と聞いてくるのではなく、
下記のような画面で、
「ここに、だいたいこんな感じって、書いてね!あとは僕がやるから!」
と聞いてきてくれるので、とってもモモ好みなのであります。

TS3B1232.JPG

ただ、1点不満が!
ぜひ次のバージョンでつけてほしい機能があります。

私はだいたい、生で演奏して、それを重ねていくというやり方をするので、
何テイクかやるわけですが

うまくいかなかったときに、
せっかく気分よく演奏しているのに、いちいち機械をとめて、やりなおすというのが、すごく水を差される感じで、いや。
右脳全開なのに、いちいち左脳に切り替えるのがいやって感じ。

なので、つけてほしいのは、
「ボイス反応機能」

つまり、

わたしが
「おねがいしまーす」
といったら、
自動的に録音を開始する

わたしが
「OK!」
といったら自動的に保存。

「失敗!」
といったら、自動的に次のテイクの取り直しが始まる。

という
「声の指示に反応する」
機能です。

技術的には簡単にできると思うのだが、、、、

開発者の方、ぜひおねがいします!



posted by ミュージカル at 00:00| ミュージカル | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年10月21日

シアターライブ千夜一夜第14話@南青山曼荼羅

TS3B1220.JPG
はやくも14話目を迎えた、シアターライブ千夜一夜、
来週の月曜日が本番です。

【千夜一夜第14話】
■日時:2008年10月27日(月)
    18:00開場/19:00開演
   *オープニングアクトあります 
   ★千夜一夜は 20:00開演予定です!
■会場:南青山MANDALA
■交通:地下鉄外苑前駅1a出口徒歩4分
■料金:¥3600円(with1ドリンク)
■チケットのお申し込み
チケットのご予約はコチラから
■出演:★おおばせいこ(Vo)
     秋山桃花(P)/浜野基永(G)/小澤健一(B)/
     三橋隆幸(Key)/熊沢志記(Per)

詳細は千夜一夜のページをご覧下さい。

シアターライブ千夜一夜は、お客様にもちょっと考えてもらえたり、新しいことのきっかけとなってもらえたらと思っているので、毎回、いろいろな工夫をしています。
そう、ただのライブではないのだ。
お芝居というわけでもない。
新しい形のエンタテイメントなのです。

第1話「もしもあのとき」は、違う道を選んだ自分からの手紙を受け取るという物語で、お客様は帰り際に、もうひとりの自分からの手紙を受け取りました。

第3話では、白の女、赤の女、黒の女が登場して、どの女に共感したか投票してもらったり。

夢の中、大海原の真ん中で、ノアの方舟に揺られていました。
舟には、サル、トラ、ウマ、クジャク、ヒツジの5頭の動物が乗っていました。
しかし、天からのお告げでこれからの航海において、この動物たちを、
一日に1頭ずつ舟から降ろさなければならなくなりました。
あなたならどんな順番で降ろしていきますか?
という物語で、開演前にお客様にもそれを書いてもらったりしたこともある。

さて今回は、どんな仕掛けが??
お楽しみに!
写真は、その仕掛けの一部をになう、ベーシストと、おおばせいこ。

※前回「ピアニストだったピアノ」は秋山桃花書下ろしでしたが、今回はおおばせいこさんの書き下ろし作品となります。

posted by ミュージカル at 00:00| ミュージカル | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年10月20日

続・絶対音感に関する考察

私には、師匠が何人かいる。

専門分野別になっていて、
IT系はM氏
映像系はN氏
ジャズはT氏
アレンジや作曲はN氏
などなど

のように、勝手に弟子入りしている。
とても高名な人とか、すげー若い人とかいろんな人がいるが、圧倒的に、男性が多い。
専門家としてひとつの分野を極めるのは男性のほうが得意だからなんだろうね(、、、、これ、私の持論。)

そして、音楽理論やDTMの師匠に、K-MASERA氏という人がいる。
エイベックスの同僚で、これも勝手に弟子入りだけど、この人はすごいです。
以前「なぜマイナースケールは行きと帰りで変わるのか」
ということを聞いたときも、明確な答えが即座に返ってきてびっくりした。
私が無意識でやっている音楽生産頭脳活動のすべてを分析できる人。
昨日の私の疑問も、聞いてみたら即座に返答が!!
師の許可を得て、一部載せます。

<昨日の私の疑問>
♯6つ(キーはF♯)
♭6つ(キーはG♭)
の音階を聞くと
・長調の場合は F#=嬰ヘ長調
・短調の場合は G♭=変ホ長調
に聞こえる。

<師の仮説>
・長調の場合は F#=嬰ヘ長調にきこえるのは:
サブドミナントをBとしておきたいから。
このときCbだとわかりにくいから。

・短調の場合は G♭=変ホ長調に聞こえるのは:
よく使うVIIbm7(-5)とIII7をFm7(-5)とBb7にしておきたいから。

すっげーその通りだと思った!!
つまり、頭と耳は、よく使うコードを、理解しやすいように、無意識のうちに、聞き変えているということなのだ。

すげー。

ちなみに、師によれば

・クラッシク系は#、ブルース系はbをとりやすい

とか

・金管木管系はb、弦系は#にとりやすい

ってのもあるそうです。

すげー。

ということで、良い師をもつと、どんな疑問も一日で解決します。
持つべきものは、良い師なのであります。

師の皆様、これからも宜しくお願いいたします。
(ブログでお願いする女)


posted by ミュージカル at 00:00| ミュージカル | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年10月19日

絶対音感に関する考察(とてもマニアックです)

TS3B1216.JPG
今日の記事の内容を理解できる人は、いても2、3人だと思うけど、書く。

あるリハでC#というキーの譜面を渡されて初見で弾いたときに、何箇所か、あれって迷うところがあった。
で、あれっ?ってなった理由を考えてみたら、

・この譜面がもしD♭で書かれていたら、私は何も迷わなかった
・それはなぜなら私の頭の中の音階はこのキーの音楽を「レミファソラシドレ」と理解しているから。(だからC♯で書かれた譜面は「ドレミファソラシド」と読まないと、途中であれ?ってなる)

ということから、
わたしの耳はドとレの間をド♯ではなくレ♭と認識しているとわかったのであります。

で、じゃあ他の黒いところはどうなんだろうと思って試してみた。

わたしは絶対音感があるから、
ドはドと聞こえ
レはレと聞こえる。

しかし、ドとレの間の黒いところはレのフラットに聞こえる。
ドのシャープには聞こえない。

レとミの間はミのフラットに聞こえる。
レのシャープには聞こえない。

ところが、
ファとソの間の黒いところは、ソのフラットじゃなくて
ファのシャープに聞こえたのです。

ソとラの間は、ラのフラット
ラとシの間も、シのフラットに聞こえる。

黒いところがすべてフラットに聞こえるなら、それは私の耳がそういう傾向を持っていると言えると思うのだが、
なぜ、ファとソの間だけシャープに聞こえるのか!?

ものすごく気になるので、さらにスケールに置き換えて検証。

♯と♭が5個以上のものについて実験してみると

♭5つ(キーはD♭)と
♯7つ(キーはC#)は同じスケール。
でも私にはD♭(変ニ長調)に聞こえる。
これは、たぶん無意識のうちに、耳が、黒いところが少ないほうを選択していると思われる(弾きやすいから)

逆に
♯5つ(キーはB)と
♭7つ(キーはC♭)は同じスケール。
私にはB(ロ長調)に聞こえる。
これも、たぶん無意識のうちに、黒いところが少ないほうを選択しているという仮説にあっている。

ところが

♯6つ(キーはF♯)
♭6つ(キーはG♭)
の音階を聞くと
・長調の場合は F#=嬰ヘ長調
・単調の場合は G♭=変ホ長調
に聞こえる。

なんでなんでなんでなんでーーーーー

何を言っているかもわからない読者がほとんどと思われるが、

万一、それはモモちゃんこういうことだよ。
とわかる人がいたらぜひ教えてほしいです。

冒頭の写真は、買っていって、スタジオでリハ開始前に食べたお寿司。
近くで休憩していた、知らないバンドの若者たちが
「おすしたべたーい」
とすごいうらやましそうにみてました。
600円だったから、君たちにも買えるぜ。













posted by ミュージカル at 00:00| ミュージカル | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年10月18日

ピアニカとアコーディオンの間みたいな楽器

某スタジオにて、この楽器を見た。
はじめてみた。
名前もきいたけど、忘れた。

TS3B1205.JPG

名前をきいたけど忘れてしまったので調べてみた。
結局名前はみつからなかったが、
こんなかわいいのとか見つけた。
Hohnerのサイトから。)
gal00000679kl.jpg

ちなみに、冒頭の楽器は、形はアコーディオンぽいけど、ピアニカみたいに口で吹いてました。
たぶん長い筒がついているのだと思われます。




posted by ミュージカル at 06:00| ミュージカル | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年10月17日

長い楽譜をやっている

TS3B1213.JPG
オペラの伴奏をすることになったので、練習している。
譜面が長い!
「譜面をみて、その通りに弾く」のは久しぶりなので、結構楽しい。
即興で弾くときは無意識に自分の弾きやすいキーになってしまうし、
即興じゃなくても自分の曲や、ポップスだと、自分の持っている引き出しからしかアレンジが出てこないから、
人の曲や人のアレンジを練習することはとても大切だとおもう。

ちなみに、キーのことを書いたが、私の鬼門はF#で、通常どんなキーでも譜面なくてもその場で移調してひけるんだけど、F#だけはときどきわからなくなる。
(※F#の曲だと、ほとんどの音が黒い鍵盤になります)

いやー近道はないね。

そして、1週間前に拾った銀杏ですが、、、
こうなりました!
右が、外側(くさいやつ)を除いて干したやつを炒った後。
左はその硬い皮をペンチでむいたところ。
茶色い薄皮があって、その中に緑色の銀杏がいたよ!
おいしかった!
これからは見かけたら必ず拾うぞ!

ちなみに、どんぐりは、同じ方法でやったが、硬くておいしくなかった。
でもすごくおなかがへったら食べれると思う。
味は、栗でした。

TS3B1212.JPG



posted by ミュージカル at 00:00| ミュージカル | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年10月16日

作ることは捨てること

きのうは、肌とか、化粧とか、外見の美を追求するのも仕事のうちと書いたが(しつこいようだが、「追求する」ことと「実現できている」かは別なんでご了承を、、、)

「自分自身の美意識を磨く」こともとっても大切だと、ここんとこよく思う。

「何を作るか」
と言うことはイコール
「何を取捨選択するか」
ということで
もひとついうと、たぶんそれは
「捨てていく」
ことなんだと思う。

で、じゃあどれを捨てる〜?
ってなったときに、
すてきな美意識がないと、

捨てたりなかったり

おいおいそれを捨てちゃうのかい

になったり

捨てるつもりが拾っていたり

するんだと思う。

芸術の秋、すてきなものをいっぱい見たり聞いたりしましょう。

今見に行こうと思っているもの、自分のための、メモ
☆ブロードウェイブロードウェイ(コーラスラインの映画)
ミッシングピース展
消えたフェルメールをさがして
ピカソ展
など、、、しかし、いつ????

写真は、とってもわかりにくいが、
リハでお邪魔した、某タップダンサーのおうちに住んでいる亀さんです。

TS3B1203008001.JPG

50センチぐらいある。
間近にみたのははじめてですが、なんかめっちゃかわいい!
ちなみに、最初は手のひらに乗るぐらいだったそうで、
これからまだ大きくなり、2メートルぐらいになるかもしれないそうです。




posted by ミュージカル at 00:00| ミュージカル | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年10月15日

リンパマッサージ教室行った

TS3B1207.JPG
昨日の続き。

そう、いつもきれいにしてないといけない。
きれいにするのも仕事のうち。
(実際きれいかどうかはさておき、努力は大切あせあせ(飛び散る汗)

っつーわけで、仕事熱心な私は、
いつも行っているスポーツクラブでリンパマッサージの特別クラスがあったので参加してみた。
顔をマッサージして、むくみをとる、あれです。

テレビだと、ぐいぐいやってるが、
専門家によると、ぐいぐいやると、リンパの弁がつぶれちゃってリンパ液がながれないので、やさしくやるのが本当だそうです。
お肌もひっぱるとよくないので、やさしく、やさしく。

写真は、説明書です。
毎日やるぞー。

posted by ミュージカル at 00:00| ミュージカル | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年10月14日

即興連弾した

知り合いのジャズピアニストのスタジオでミニライブがあったので行きました。

こんなすてきなスタジオ!
うらやますぃですねぃぃぃ!!! ※
TS3B1206.JPG

ほいでもって、途中、即興連弾することに!
ピアニスト同士で即興連弾するのは初めてだったけど、楽しかった!!!!
またやろうね!

しかし、そのとき、私はスポーツクラブ帰りだったこともあり、ほぼすっぴん。

思った。

いつ人前に出ることになるかわからないから、いつでもきれいにしていなければいけないのだと、、、、

明日に続く。


※「うらやますぃですねぃぃぃ!!! 」
は、書いてみて「しまりす君」風と思い出す。
そう、私は昔「ぼのぼの」にはまっていた時期があった。
わかる人だけわかる会話、、、、


posted by ミュージカル at 00:00| ミュージカル | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年10月13日

ノラネコを捕獲

先日来、テラスを訪れていたギザ耳くんの捕獲に成功。
というか、テラスにベッドを作ってあげたら、そこで寝るようになりました。

TS3B1201.JPG

さて、このあとどうするか、、、、
一緒に住む???

っていうかテラスの掃除をしたほうがいいと思いました。

あと、なんだか今年は、来年の予定が早めに入ってきて、よくわからなってきたのでいつもより早めに来年の手帳を買いました。
9月から使えるやつなので、もう使っている。
いつもどおり、できる女のタイプで、こまかく時間管理できるやつです。
TS3B1204.JPG

来年、ももちゃんとなんかやれたらなーとか、
「ぜひ秋山先生にこの仕事を!」と思われている方はお早めにご連絡下さい!
今ですと、この新しい手帳にあなたの名前を載せることができます、たぶん。

posted by ミュージカル at 00:00| ミュージカル | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年10月12日

歩くことが一番自由だなーin裏青山

裏青山(造語)に打ち合わせに行った。
ふだんだったらちゃりだが、午前中雨だったから歩いて行った。

打ち合わせの後、お散歩した。
このへんは歩くのが楽しい!
ラスチカスとかラパンエアロのある付近。
なんか店がやたら増えていた。

ちゃりだと、下り坂は下りないし、
あれ!って気になるものがあっても、通り過ぎちゃうと、戻ったりはめったにしない。
そもそも「ちゃりでぶらぶらする」ってあまりないのかも(目的地に向かってひたすら走るものなのかも)

カード屋さん(自転車だと速いから、店構えからは何屋さんからわからないから通り過ぎてしまう、、、ちなみに私は服とかバッグとかは興味がない。家具とか、アート系のお店が興味ある。)
TS3B1191.JPG

オーガニックパン屋さん
6年前からあったって!知らなかった!(やはり自転車だと速いから、「パンや」と大書してくれないと、わからない)
最近オーガニック生活はじめたから、リピートします!
TS3B1193.JPG

路地を通り抜ける竹やぶ(自転車ではこういうのが見つけられない)
TS3B1194.JPG

地価高いのに一戸建て
ちなみに、こういう家をスタジオ風にして、みんなで作業場としてシェアする夢を持ってます。
TS3B1197.JPG

ちなみに、昨日のどんぐりは、さらしたあと、電子レンジしたら、硬くなってしまったので、次回は、湯がいてみることにする。

銀杏は、まだ干している。

posted by ミュージカル at 00:00| ミュージカル | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。