2010年10月31日

時を越えてワンダフルタウン

一緒にミュージカルを作っている順風満帆主宰照井裕隆さんが出演しているワンダフルタウンを見ました。
明るくて楽しいミュージカル。

ミュージカルを見たときって人によって
「私も出たい!」
「私も踊りたい!」
とかいろいろなことを思うのだろうけど
私の場合は
「こういう曲書きたい!」っと思ってしまう

ワンダフルタウンはバーンスタインなので、
ドラマチックなオーケストラ曲が書きたくなったー

あと折込にはいっていたミュージカル座の「トラブルショー」をチェックしていたら、映像を発見。
こういういかにもって感じの音楽好き!


かくぞー

posted by ミュージカル at 06:00| ミュージカル | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年10月30日

音楽で即興劇の主人公やストーリー展開を指定する

昨日のNeXT IMPRO THEATREにおいでくださった皆様、有難うございました。

昨日は(昨日も?)音楽でストーリーをいくつか動かした。
このスキルは私は世界一だと断言できる(その自信はどこから?)

大概のインプロシアターのミュージシャンはストーリーについていくだけの場合が多く、
せいぜい「ここでエンディングにしよう!」ぐらいとおもうが

私の場合は、即興で進行している物語に対し、
「はい、この場面は、もういいから、次の場面にいきましょ!」
「逡巡してないで行動して!」
「もっとその感情を深く表現して!」
みたいなときに、音楽でリードしたりする

あと
「それ歌って」
とか
「それで踊って」
みたいなことをオファーしたり

そのほか、
「あ、この人を主人公にしちゃおう」
「ここがお話の核になると面白いから、クローズアップしちゃおう」
とかもたまにやる。
ここまでは出すぎなのであまりやらないが、、、、

音楽に集中していると、わかるよ。
今度チェックしてみてね。


posted by ミュージカル at 00:00| 即興ミュージカル: NeXT IMPRO THEATRE | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年10月29日

水辺の物件特集&本日19時半NeXT IMPRO THEATER

ネットで発見した水辺の物件たち
こんなのあるのねー
誰か住まないかなー

海に漕ぎ出そう!!
1287380210_i.jpg

房総の海辺のガレージハウス

河川沿いの小さな平屋

水辺ではないが、これもちょっとかわいい。
小さな青い戸建

これもおされ
うち帰ってやろう

そういえば不動産屋の店先でこんなのも見つけた
TS3N0735.jpg

TS3N0736.jpg

TS3N0737.jpg
1日4000円の店って、、、、


と物件紹介が長くなってしまったが、本日はNeXT IMPRO THEATERです。
当日券のお申し込みは、070-6455-1717(インプロジャパン)へどうぞ。
posted by ミュージカル at 00:00| ミュージカル | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年10月28日

それはちょうどいい!犬をお父さんにしよう!

図書館大人借りの一環「孫正義世界20億人覇権の野望」を読む
ほとんど飛ばし読みだけど、犬CMの裏話がおもしろかった
最後までお父さん役が決まらなくて困っていたのだが
「犬でどうでしょう」
とCMプランナーの澤本さんが言った。
ペット役で出演予定だった犬が家長に大抜擢されたそうである。

これはまさしくインプロの「それはちょうどいい」のマインドだ。
ピンチをチャンスに変えた好例。
しかしこのケースを見てよくわかるのは、発想力が必須と言うことだ。
こまったこまったーといっているだけではなく
そこで
じゃあ犬にやらせてみたら?
という発想はなかなか凡人にはできないとおもうのである。

わたしは、
犬にやらせてみたら?
と発想し、
それを実際にやれる人でありたい。

っつーわけで明日はネクストインプロシアターです。
物語は、すべてお客さんに頂いたタイトルから即興で作られます。

「犬にやらせてみたら?」を凌駕する物語は生まれるでしょうか?



posted by ミュージカル at 00:00| ミュージカル | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年10月27日

金曜日はNeXT IMPRO THEATERです

あさって10月29日(金) 19:30から第75回 NeXT IMPRO THEATER です。

最近おもうんだけど、インプロ(即興劇)の裾野が広がってきて、
それぞれの団体のカラーが出てきておもしろいなあと。

台本のある演劇にも
不条理劇 とか ミュージカルとか 社会派 とかいろいろあるとおもうんだけど

インプロもいろいろなスタイルや、好むタイプのお話 みたいなのが出てきていると思う。

いろいろな台本芝居を楽しむのと同じように
インプロもいろいろなスタイルを楽しんでもらえたらいいな。

私は、即興劇にあわせて音楽をつけたり、即興ミュージカルとかします。

詳細はこちら
posted by ミュージカル at 06:00| ミュージカル | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年10月26日

朗読とひとり芝居の境目

朗読公演のリハ。
まだ日程は決まってないけど、どんなやりかたが探る。
朗読って、本を持って、椅子に座って、たんたんと、、みたいなイメージがあるけど
ときに立ち上がったり、きちんと会話にしたり、ピアノが入ったり、歌ったりと自由なものを模索。
立ち上がりすぎるとひとり芝居になっちゃうかしら?などとも話すが、
結局、「朗読か芝居か?」にこだわることはそんなに意味がなく、
自分たちなりの表現を見つけることが大切だね。
という結論にいまのところ落ち着く。
大切なのは、聞き手の頭の中に、どんなすばらしい芝居よりも映画よりもすてきなシーンが浮かび上がってくることだと思う。
人間の想像力は、どんな映像・演劇作品にも勝てないと思うから。
posted by ミュージカル at 07:00| ミュージカル | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年10月25日

秋山桃花が日本の未来は明るいと思う理由

最近、日本の未来は明るいんじゃないかと思っています。
それは、私の周りに、未来に向けた様々な取り組みをしている若者(一部若くない人もいるけど)がたくさんいるからです。
いまの日本を支配している人たちは、とっても私利私欲や利権で動いているように見えるけど、若い人たちは、どんどんそうじゃなくなっていると思う。
将来、そんな彼らが国を支配するようになるので未来は明るいと思うの。

たとえば最近会った人だと

六ヶ所村に移住して「あしたの森」を作っている人


コネクテッドカフェ
をやっている人

グローバル・ソーシャルの観点から考えられるリーダーを作るプログラムを開発した人

3on3ディスカッションをやっている人

インプロを使って犯罪を犯した少年を更正させようとしている人

などなど

特にこういう人たちと話す中で私の中で、ここ数日「キテルな!」と思うことがあって

それは
「社会に良いことをしようと思うと、農村に移住しようとか、ボランティアやろう とかになってしまいがちだが、たとえばもし会社員であったとしたら、自分がいまいる会社、ビジネスの中で、社会に良いことができる道を探す方法がいくらでもあるんじゃないか!」ということだ。

そうだそうだ。

あ でかける時間。
posted by ミュージカル at 09:00| ミュージカル | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年10月24日

いまさら「アバター」&最先端国際映画祭「ソーシャルネットワーク」

めずらしく一日に2本映画を見る。
ひとつはいまさらアバター。
アバターの映像にはまって、もう6回?7回?めという通の友人に連れて行ってもらい、アイマックスシアターでみる。

超いまさらですが映像リアル。
そして3Dって、脳が処理しなければらない情報量も普通の映画より多いんだと思う。
見おわって、疲れ果てていた。

内容的には、森がつながりあって人間の脳のように神経ネットワークを構築しているというのがおもしろかったな。
後半は結局戦争映画になってしまって残念。
結局戦うしかないのかーみたいな。
以前にもブログで何回か書いたが、私は、クリエイターは「悲惨な未来」ではなく「誰もが想像できない夢の未来」を提示するべきだと考えているので、ちょっと残念。
でも銭湯もとい戦闘シーンがないと、ヒットしないんでしょうね。
あっでも今このタイポをして気づいたが、
「戦闘シーン」をすべて「銭湯(女湯)シーン」に差し替えたら、意外と売れるかも?


ソーシャルネットワークは、フェイスブックを作ったハーバードの学生の物語。
これは想定範囲内でちょっと残念かなー
SNSで起きた奇跡とか、他のSNSとの違いとか、もっと知りたかった(マニアック?)
あと文化の違いは感じた。
日本はMIXIのほうが、やっぱり合いそう。

あと見てないけど、ちょっと気になった「歌うヒットマン」
「ポップな歌を歌わないと心臓が破裂してしまう薬を飲まされた主人公が解毒剤をかけて戦う」
だそうです。
誰か見ておもしろかったら教えて!!

posted by ミュージカル at 00:00| ミュージカル | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年10月23日

即興ピアノでサントラ作った

以前即興ピアノでサイレントムービーの音楽をつけたことがあって、その作品を見てきました。
大画面で見たら、即興とは思えない出来でわれながらびっくり(←出た自画自賛)
短い作品だけど、新宿のアートコンプレックスセンターで明日日曜までやってます。

「自分の作品にもつけてくれー」
と言う方、お気軽にご連絡下さい☆

posted by ミュージカル at 00:00| ミュージカル | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年10月22日

インプロは「人がつながりあう芸術」なんだな

今井敦、夕鶴みき、岡崎ちか子さんのインプロを久々に鑑賞。
「だんすだんすだんす」というユニットで初期のころは私も演奏させていただいていました。

そしていま、「鑑賞」と書いたが、これはインプロにはふさわしくない言葉だなと改めて気づく。
観客から言葉や文章をもらって、物語を即興で作り上げていくわけだから、当然観客の参加度合いも高いわけだが、
ただそれだけではなく、すべてがその場で出来上がっていくという空気は、役者と見る人の連帯感をいやがおうにも高めていくなあと、久々に観客の側になって実感。
ショーの内容も、今井さんは
「次なにやろうか」
的な感じで、きちんと決まってなく、その場の流れや物語、お客さんの様子によって作り上げられていくのが心地よい。

ただし、「次なにやろうか」がOKなのはベテランプレーヤーのみですので!
初心者は絶対やめましょう。
ぐだぐたになります。


posted by ミュージカル at 00:00| ミュージカル | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年10月21日

カーテンを変え、DAYSJAPANを読む



今年の1月にコネクテッドカフェのイベントで演奏させていただいたのがきっかけで
DAYSJAPANをとるようになった。

11月号は、沖縄の基地のこととか書いてあって、新聞やテレビでは(テレビ見ないけど)知れないようなことがたくさん書いてあった

たとえば

フィリピンでは1991年国民の運動により米軍基地が全面撤退した

とか

これは基地とは違うけど、
ドイツは「2022年までに原発を全廃」と決めたが、政権が変わって実現できないことになり、各地でデモ。

とか

繰り返すようだけど、何が正しいかとか背景とかは私にはよくわからない
でも起きている事実は知るべきだし、知ろうとするべきだと思う。

あと編集後記で広河隆一さんが書かれていたことが印象的。

・原発輸出に「前進」 と書くメディアの記者は、日本経済のためによいことだという前提で書いている そんなメディアには猛省を促したい 
・原発は発電時にCO2を出しませんと言うなら、そのかわり放射能を出します とはっきり言うべきだ
・日本国内の原発推進ムードに一番責任が有るのは現政権と企業だが、投票した人間やメディアの責任でもある

これは、その通りだと思う。

自分はもっと世界を知るべきだ!と思った人はぜひ購読を。
DAYSJAPAN

でもって話はとっても変わり、睡眠の質をさらに高めるため(今だって十分寝てるくせに)カーテンを遮光に替えた。
ニッセンで3000円とかだった
しかしこれもきっと中国産なんだろうTS3N07320001.jpg
グローバルの波はもう無関係とかいえない。

で、遮光じゃなかったこのカーテン、ほしい人いませんか?
大きさは120×160ぐらいかな(←測る気なし) 2枚あります。
それぞれが、ピンクのきれと、レースの組み合わせです。
(直接の知り合いに限ります)

TS3N0733.jpg TS3N0734.jpg





posted by ミュージカル at 00:00| ミュージカル | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年10月20日

2日で21人と会い、イモの断末魔に爆笑する

TS3N0728.jpg

月火は、ミーティングとかリハとか×6。
がんばりましたー!
がんばった証を見て自分を褒めるため、ミーティングの人数を数えてみる
4+1+3+6+4+3=21
やっぱがんばったよねー!!!

しかし、いつもより疲れた理由は実はこの数値によるものではなく
朝イチのリハの最初に稽古場で若手がビニールのボールの回しっこをしていて、
1、2、3、4、5
と数えながらバレーボールぽくまわしていくのだが
「5の倍数のときは手を使ってはいけない」
つーのをやっていて
「入れて入れて〜!」
と、足とか使いまくり
きゃーきゃー大喜びして遊んでいたのが主因。
ちゃんとペース配分しましょうね。

でもってそのリハは、11月の東京インプロフェスティバルのリハだったんだけど、
今回ゲストで、順風満帆でもご一緒しているカサノボー晃さんが出演するので、初めて本格的に一緒にインプロ(即興劇)の物語を作りました。

カサノボーさんとはこれまでも、順風満帆の空き時間とかに
「じゃあ夏の思い出を短調でやってみる?」
とかやって遊んでいたけど

やはり彼のその場を把握する能力は卓越している!
はじめて一緒にインプロをやるほかのメンバーともあっという間になじみ、一緒にいろいろな物語ができました。
どのお話も、本番でもぜんぜんOKなくらいクオリティ高かったなー
いいもの見せてもらいました。

冒頭の写真は、カサノボーさんが演じた高校生が、イモになって死んでいくところ。
(赤いパンツがカサノボーさんです)
体の使いかたもすばらしく、見事にイモの断末魔が表現されていました。
TS3N0728.jpg
カサノボーさんが出演するのは
11月25日(木)19時半開演のNeXT IMPRO THEATREです。
詳細・ご予約はこちらからどうぞ!

posted by ミュージカル at 00:00| ミュージカル | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年10月19日

No one makes your dream come true

TS3N0582-thumbnail2.jpg

マハトマ・ガンジーは言った
You should be the change that you want to see in the world.
(世界が変化を望むなら自らが変化になれ)

背景やコンテクスト、深さはだいぶ違うだろうが、
秋山桃花は思う

「自分がやりたいことは自分がやらなきゃ誰もやってくれない」


もうちょっとかっこよくしよう

No one makes your dream come true

はどう?

うんちょっといいかも

というわけで

果敢に行動しております

たいがい複数のプロジェクトが平行して進行しているのだが

昨日の打ち合わせでは以前書いたこれが進展。


やっぱり

You should be the change that you want to see in the world.

だね


posted by ミュージカル at 00:00| ミュージカル | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年10月18日

ひょうたんスピーカーなど。

ロハス系のイベントに行って

こんなの発見
ひょうたんがスピーカー。
TS3N0724.jpg

こんなのも発見
手で精米する機械
もみがらいれて、手でぐりぐり回すと下からばらばらになって出てくる
みごと。
TS3N0725.jpg

っていうかもみがらつきのって売ってるの?

と思ってちょっとネットを見てたら、こんなのを見つけた
比内地鶏 まるごと1羽 もつ付
posted by ミュージカル at 06:00| ミュージカル | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

続・中国電力と祝島の問題。COP10で記者会見するそうです。

先週末に転載した、中国電力と祝島島民との問題ですが、気になっていたのでサイトを見ていたところ、COP10(国連生物多様性条約第10回締約国会議)でとりあげられることになったみたいです。

それに伴い、下記に賛同できる団体を探しているようです。

以下コピペ↓↓↓↓↓↓

生物多様性条約第10回締約国会議(COP10)参加者に向けての
広島・上関リンクと連帯する国際共同声明

広島の近くに建てられようとしている原子力発電所が、生物多様性を深刻な危機に陥れています。日本で開催されるCOP10で重要協議事項として取り上げてください。

広島に本社を置く中国電力株式会社が、瀬戸内海国立公園の生物多様性のホットスポットである上関に原子力発電所を建設しようとしています。この計画は次のことにより、生命にとってかけがえのない環境を取り返しのつかないほど破壊する可能性があります。

・ 海上の埋め立て
・ 海水温上昇
・ 壊滅的地震災害のリスク(予定地における多くの活断層の存在)

私たちは放射能汚染や低線量放射能による内部被曝についても憂慮しています。
私たちはCOP10参加者に、この上関原子力発電所を今回の会議の論点とすると同時に、
日本政府が真剣に生物多様性保全への政策を実施するよう強く働きかけることを要請します。

↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑以上

詳しくはこちらのサイトをご覧下さい。

どちらが正しいとか、もしかしたらないのかもしれないけれど
知ること、そしてこのことをきっかけに 考えること
はとても大切だと思うので転載しました。

ちなみに、そもそも、こういう大きな問題を、現地の島民と一企業に委ねるのではなく、国策としてきちんと考えるべきだという友人もいた。
でも国策だと「原子力は推進」ってなってるんだろうなあきっと。
まずは皆さん、知りましょう。




posted by ミュージカル at 00:00| ミュージカル | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年10月17日

USTで犬がピアノを引き続ける映像はどう?

最近UST(ユーストリームね。Upper Structured Triadではありませんよ、Tさん 笑)がらみのプロジェクトがいくつかあって、いろいろおもしろいのだけど
昨日の発見は

私は、「ある程度クオリティの高いものを流さないとね。」
と思っていたのだが、

「実はながら試聴というマーケットもあり、どうでもいいものを延々と流しているというのもおもしろい」
という話を聞いた。
たしかに、狸の生態をえんえんと流しているのとかあるから

もしかしたら
ぷちぷちを延々とつぶしている映像
とかあってもいいのかもしれない

そしてたぶん、私がえんえんとピアノを弾いているとか
ありなんだろうな。
あっ着ぐるみとか来て、
いつも犬が弾いてます とかおもしろいよね
ミニーマウスだったらもっとおもしろいが、、、
地方のマイナーなキャラクターとかね。
タイトルもらって全部即興演奏なの。

書いたから、いつかやるかも。

かしこ

追伸
かぶるときは、これにする。
41KNSC0VYXL._SL500_AA300_.jpg

USTで、これかぶった人がピアノひいてたら、私と思って。


posted by ミュージカル at 00:00| ミュージカル | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年10月16日

照明ブースで「5番くださーい」「はーい」っていうのをやった

TS3N0691.jpg
少し前だけど、照明のお手伝いで、照明ブースに入って舞台にいる照明さんのお手伝いをした。初体験。
「5番くださーい」
って言われたら
5番をあげる
音響の卓と似ているので、親しみあり。

「7番下さーい」
といわれたら、
7番をあげてから5番をさげることを教わる
逆だと一瞬真っ暗になっちゃうから
なんだか楽しかった。

そのうち、照明プランの表をみていると
「次はここがくるな」とかわかるようになって、あたるとうれしかったりする

私が舞台の仕事を始めて間もない頃、
仕込みのときに人が変わってどなりちらす照明の人がいて、
そんな風にどなられたらどうしよう!と思っていたが
「5番くださーい☆」
「はあい☆」
って感じで進み、どなられてなくてよかったー

あと、ブースって孤独だなあとおもった。
席がはずせないし、ちょっとつまめるお菓子とか、飲み物とかあるととても助かるんだな。と思いました。
いろいろな仕事や立場を経験してみることは大切だ。

いつか本番の照明もやってみたいなー
インプロ(即興劇)の照明もおもしろいな。
音楽と照明、両方私がやったら、ストーリー自由自在に動かせそう。
ピアノ横に照明卓があればいいんだよな
いつかやろう。


posted by ミュージカル at 00:00| ミュージカル | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年10月15日

ミツバチの羽音と地球の回転で取り上げられた原発工事が強行に進められているようです

知り合いからお知らせがきたので書きます。
私は詳しいわけじゃないから、どっちが正しいとか、どうすればいいかとかわからないけど、事実は伝えたいと思い、書きます。

いま現在、中国電力が田ノ浦の埋め立て工事のための作業台船を動かしています。
詳細はこちら
posted by ミュージカル at 10:07| ミュージカル | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ほぼ日手帳重量オーバー

今年は ほぼ日手帳を、カズンにして(大きい版)を使って持ち歩いていた。

いろいろ書いたり、ぺたぺた貼ったりして楽しい

TS3N07140001.jpg

打ち合わせや企画にもつかっていた
しかし、どんどん重くなってきて、最近は持つのがいやになってきた、、、

ということで、手帳を常に持ち歩くスケジュール帳と、ほぼ日手帳の小さいほう の2冊使いにすることにして、軽量化。

スケジュール帳だけだったら1キロ→150グラムぐらいになった。

TS3N07160001.jpg

左が1キロ、右が150グラム。
うさぎは、大きさを比較するためにおいてあります(←そもそもウサギの大きさがわからないだろう!)

ときどき ほぼ日手帳 知らない人がいるから、そういう人はこちらを見てね
ほぼ日手帳
とてもクリエイティブになれる手帳だと思います。

ちなみに、重いといえば、数日前に探していた軽いキーボード、これになりそう。
CTK240
気になる重さは!(←お値段ではない)
2.8キロ!
ペットボトル+豚肉400グラム+鶏肉400グラム
このぐらいなら、お買い物で持ったこと有るから、持てるかも!

かしこ
posted by ミュージカル at 00:00| ミュージカル | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年10月14日

続・外脳または合脳について

きのうのつづき
で、孫さんはツイッターを 外脳 または 合脳 と評したわけだが、たしかにその通りで
ツイッターやブログでは、いろいろなクリエイターの人と、ゆるく合脳している感じがおもしろい。
それは、ただ単に情報のやりとりということだけではなく
その人の書いていることに影響されて自分のアイディアや考えが変化・進化していくとか
ふとした拍子にその人のことや、ブログに書かれていたことを思い出してひらめくとか
まさに外脳というより合脳なのである

あと、特にツイッターでは
「うまい!座布団3枚!」
という感じのコメントを返してくれる知り合いが多く、笑える
たとえば

「併走している電車の車掌が船を漕いでいる」とつぶやいたら
「電車で船を漕ぐなんてすごい!」的なコメントがあったり

超でかいバッグを持って歩いている人がいたから後姿を写真つき「死体かしら」とつぶやいたら「遺体です」と返されたり、

ほかにもいろいろあったけど、見つからない、、、
ネタ帳つくらないとだめだなー

わたしのここ数年のキーワードは「創発」だが、まさにそのためのツール。
なんとなく、ツイッターとかのツールを得たことにより創発 は次の段階にきていて、
あー言葉は今はみつからない。
みつかったら書きます。


posted by ミュージカル at 00:00| ミュージカル | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。