2011年03月28日

問題を切り分けて考えよう

問題は切り分けて考えよう
・地震の被災者の支援
・放射能のために避難している被災者の支援
・命がけで原発で働いてくれている方たちへの感謝・支援
・それを後方支援してくれている東電や関係会社の社員の皆さんへの感謝・支援
・原発推進のために政府、東電が行ってきたこと、これから行おうとしていることを明白にし、意見する、監視する
・マスコミの報道のありかた
・政府の状況把握、判断、伝達システム、情報公開、人のありかた
・エネルギー政策のあり方
・各国との連携のあり方





とかとかいろいろある

いろいろなことがいっぺんにおきてるから、いままでの災害とは違う。
整理して考え、行動すること。

あれ、私、日に日に過激になってきている、、、??



気になったツイートから

iidatetsunari 飯田哲也 tetsu iida@ISEP
河野太郎メルマガ(http://bit.ly/fEbptZ)より 「19兆円の請求書」(http://bit.ly/ed9f90)も原子力ムラのデタラメを証明する歴史的文書。必携。#genpatsu #fukunp


19兆円の請求書」は現状を把握するために必読
人任せはだめです。

一方で、
マスコミが大口スポンサーである東電や原発のあり方を批判できない現状が、問題提起されています。

fumitaya 田谷文彦
ジャーナリストの上杉隆氏(@uesugitakashi)が、東電や電事連が民放の大口スポンサーであることが報道の内容に影響しているのではないかと疑義を呈しているが、マスコミも自らの信頼性を確保したいのなら、バイアスの可能性にも触れておくべきだろう。



araisatoshi Satoshi
うーん黒い。。 経営問題委員会平岩外四/東京電力会長 読売新聞者主正力松太郎/原子力委員会委員長 毎日新聞発起人芦原義重/関西電力会長 <フジ> サンケイ新聞社長稲葉秀三/原産会議常任理事 <テレビ朝日> 朝日新聞社長渡邉誠穀/原産会議理事



そういえば、カンニング受験生の家に押しかけたマスコミは、なぜ東電社長の家に押しかけないのか?というツイートも見たな。
新聞で「原発を考える」的な連載コラム等も目にしないのはどうしてかなと思う。


一方とうとう孫さんも
masason 孫正義
バリウム140、ランタン140、テルル132が海水から検出されたという事は、燃料棒が破損し原子炉の密閉性も破綻した事を意味する。にも関わらず、未だに避難命令の距離を拡大しないという政府判断は、人道的に問題。



今日はここまで

posted by ミュージカル at 00:00| ミュージカル | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。